黒海海戦の目的は、「ブロケイド」vs.「ブロケイド破り」である。

黒海海戦の目的は、「ブロケイド」vs.「ブロケイド破り」である。
https://st2019.site/?p=19465

『Alison Bath 記者による2022-5-12記事「Ukrainian strikes against Russian vessels are more than just lucky hits」。

   黒海海戦の目的は、「ブロケイド」vs.「ブロケイド破り」である。

 露海軍は初め、大型艦によって、沿岸近接封鎖することを狙っていたが、旗艦が60浬沖で対艦ミサイルにやられてしまったため、小型高速艇に沿岸近接封鎖させるしかなくなった。ところがそれもバイラクタルにやられてしまった。

 露海軍艦艇による沿岸近接封鎖がまったくできなくなれば、ウクライナは随意に沿岸港から農産物を輸出し、代わりに軍需品を搬入することもできる。そうなればもう戦争の行方はハッキリする。

 露兵による蛇島(オデッサから70浬)の占領は、ドナウ河下流域を支配するための布石だった。尤も、占領しなくとも軍艦が健在なら、沿岸封鎖はできたのだが……。

 ウクライナは今のところ、蛇島を奪回しようとしておらず、たんに、蛇島への海上補給を遮断しようとしている。

 ウクライナの軍艦が港から出てこないのは、黒海の露軍の潜水艦を警戒しているためと思われる。だから Berdyansk 港でむざむざと大量に破壊された。

 ※雑報によるとスウェーデンは単装40ミリのボフォース高射機関砲まで宇軍にプレゼントしている。牽引式で、旋回俯仰は手動だと思われる。』