防衛相「超大型放射砲の可能性」 12日の北朝鮮ミサイル

防衛相「超大型放射砲の可能性」 12日の北朝鮮ミサイル
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUA131SR0T10C22A5000000/

『岸信夫防衛相は13日の記者会見で、北朝鮮が12日に発射した3発の弾道ミサイルに関する見解を示した。「超大型放射砲(多連装ロケット砲)の可能性を含めさらなる分析を進めている」と述べた。

2019~20年に発射が相次いだ短距離弾道ミサイルの一種で、複数のロケット弾をほぼ同時に飛ばす。韓国メディアによると韓国軍も同様の見方を提示している。

日本の防衛省は12日、3発について最高高度100キロメートル程度、通常の弾道軌道なら350キロメートルほどの距離を飛んだと公表した。日本の排他的経済水域(EEZ)の外に落下したと推定した。

岸氏は13日の記者会見で北朝鮮の行動を「断じて容認できない」と非難した。日本政府は12日、北京の大使館ルートを通じて北朝鮮に抗議した。

【関連記事】北朝鮮、短距離弾道ミサイル3発発射 日本EEZ外に落下か 』