対ロ制裁、むしろ欧米に打撃 プーチン大統領主張

対ロ制裁、むしろ欧米に打撃 プーチン大統領主張
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022051300434&g=int

『【モスクワAFP時事】ロシアのプーチン大統領は12日、ウクライナ侵攻に伴う対ロ制裁について、ロシアよりも欧米の方が打撃を受けていると強調した。ロシアは「外部からの挑戦」に対する回復力が強いとも主張した。

忍び寄る先制核使用の恐怖 プーチン大統領は本気なのか

 テレビ放映された政府の会議で語った。「狭い視野と大げさな政治的野心、ロシア恐怖症によって、自身の国益や経済、国民の暮らしに打撃を与えている」と欧米を非難。「欧州の一部で20%のインフレが起きているのを見ればよく分かる」と述べた。

 さらに「制裁に固執すれば欧州連合(EU)とその市民にとって最も困難な結果になるのは避け難い」と心配してみせた。一方でロシアは「自信を持って対応している」と語った。 』