香港の枢機卿ら国安法違反容疑で逮捕 「外国勢力と結託」

香港の枢機卿ら国安法違反容疑で逮捕 「外国勢力と結託」
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGM11D6T0R10C22A5000000/

『【香港=木原雄士】香港警察の国家安全部門は11日、カトリック香港教区元司教の陳日君・枢機卿や歌手の何韻詩(デニス・ホー)氏を香港国家安全維持法(国安法)違反容疑で逮捕した。主要な香港メディアが報じた。デモ参加者を支援する基金の運営をめぐり、外国勢力と結託した疑いがもたれている。

報道によると、逮捕されたのは陳氏と何氏のほか、元立法会(議会)議員の呉靄儀氏と学者の許宝強氏。許氏は10日、香港国際空港でドイツに向けて出国する直前に逮捕された。4人は2019年の抗議活動で逮捕された若者らを支援する基金の運営に携わっていた。

陳氏は民主化運動の支持者として知られ、中国国内の宗教弾圧にも警鐘を鳴らしていた。英人権団体の香港ウオッチは逮捕を受けて「北京が香港で基本的権利や自由に対する取り締まりを強めている」と非難する声明を出した。

香港政府によると、3月末までに国安法違反容疑で175人が逮捕され、112人が起訴された。
多様な観点からニュースを考える

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

柯 隆のアバター
柯 隆
東京財団政策研究所 主席研究員
コメントメニュー

ひとこと解説

この記事を読んで、ただ一言、言葉がない。心配するのは香港の人々がこれをどう受け止めるかである。昔の香港を振り返れば、その魅力といえば、雑多のなかで秩序が保たれ、ロンドンの警察と同じようにペアで香港の警察も巡回する。ホテルや洋服店の前にインド人のドアマンはドアをあけてくれる。今の言葉で表現すれば、イギリス、古い中国と東南アジアの匂いがハイブリッドされたあの空気は世界の人々を引き付けた。本屋を覗いてみると、確かに玉石混交だった。それに対しては、香港は?これから何をもって世界の人々を引き付けるのか
2022年5月12日 7:48

春割ですべての記事が読み放題
今なら初回2カ月無料!
https://www.nikkei.com/promotion/?ak=https%3A%2F%2Fwww.nikkei.com%2Farticle%2FDGXZQOGM11D6T0R10C22A5000000&n_cid=DSPRM1AR08 』