米、ASEANと新経済枠組みを協議 12日から首脳会議

米、ASEANと新経済枠組みを協議 12日から首脳会議
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN120400S2A510C2000000/

 ※ 「話しは、聞く。」だけに終わるんじゃないか…。

『【ワシントン=鳳山太成】米政府高官は11日、記者団に対し、米国が主導するインド太平洋経済枠組み(IPEF)で東南アジア諸国連合(ASEAN)加盟国との協議を深める意向を示した。12~13日にASEANと特別首脳会議を首都ワシントンで開くのを前に表明した。

米政府高官はIPEFに関して「前進させるためにASEAN各国と緊密な協議を開いている」と述べた。特別首脳会議でも議題になる見通しだ。

IPEFは米国がアジアで経済連携を深めるため、環太平洋経済連携協定(TPP)の代わりに苦肉の策として打ち出した枠組み。

日本やオーストラリアが参加する方向だが、中国に対抗するためASEAN各国をどれほど巻き込めるかが焦点となる。

米政府高官によると、バイデン大統領のほか、ハリス副大統領やブリンケン国務長官、ペロシ下院議長らがASEAN各国の首脳と一堂に会する。

同高官は「バイデン氏は各国首脳と個別に短い私的な時間も取る」と説明した。

経済連携のほか、中国やウクライナ、ミャンマーなどの情勢を巡って意見交換し、関係を深めたい考えだ。』