略奪や破壊に発砲命令経済危機スリランカの抗議

略奪や破壊に発砲命令
経済危機スリランカの抗議
https://nordot.app/897048759926947840?c=39546741839462401

※ こっちは、こっちで、ヒデーことになりつつある…。

※ 元々が、民族対立で内戦状態だったものを、現ラジャパクサ兄弟がなんとか「収めた」といういきさつがある…。

※ 対立が先鋭化する「火種」は、あるわけだ…。

※ それと、途上国は、財政上予算が乏しいから、日本の「機動隊」、中国の「武装警察」みたいな「強化された警察組織」を設置するだけの「余裕」が無い…。

※ 中国の「武警」も、天※※事件後に設置されたものだしな…。

※ ミャンマーでもそうだったように、「鎮圧」となると、即「軍出動」となるわけだ…。

※ 組織としては、「外国の軍隊」と戦うべく整えられているものなんで、自国民の鎮圧・鎮定に向けられると、どうしても「過剰鎮圧」になってしまう…。

『【ニューデリー共同】経済危機から政府への抗議活動が続くスリランカの国防省は10日、市民による略奪や破壊行為を確認した場合、発砲して抑止するよう治安部隊に命じた。ラジャパクサ大統領の辞任などを求める抗議活動の一部が暴徒化しており、治安維持強化を図る。

 ラジャパクサ氏は11日、ツイッターで、経済危機や政治的問題を克服するため「今は全ての人が一致団結する時だ」と訴え、暴動に加わらないよう求めた。

 地元メディアによると9日には各地で反政府デモ隊と支持派らが衝突し、これまでに与党議員ら8人の死亡が確認された。政権関係者らの家が燃やされるなどの被害も相次いだ。』