パレスチナ衝突、記者死亡 イスラエル軍が発砲か

パレスチナ衝突、記者死亡 イスラエル軍が発砲か
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN11EYR0R10C22A5000000/

『【エルサレム=共同】イスラエル軍が占領するヨルダン川西岸北部ジェニンで11日、イスラエル軍とパレスチナ人が衝突、取材中だった中東の衛星テレビ、アルジャジーラの記者シリン・アブアクラさん(51)が死亡した。パレスチナ自治政府保健省と米国務省が発表した。別の記者1人も負傷した。

アルジャジーラはイスラエル軍による発砲だとする一方、イスラエル軍は、武装したパレスチナ人に撃たれた可能性を調査しているとしており、詳細は不明。

アブアクラさんは米国籍を保有。プライス米国務省報道官はツイッターで、殺害について「強く非難する」との声明を発表し、事件の迅速かつ徹底的な調査を要求した。

イスラエル軍は、治安部隊がジェニンのパレスチナ難民キャンプなどで「対テロ活動」を実施中、武装した複数のパレスチナ人から攻撃されたため、応戦したと説明している。

イスラエルのラピド外相は「パレスチナ側に合同調査を申し入れた。われわれは真実を明らかにする責任がある」と発表した。

パレスチナ自治政府保健省は、アブアクラさんは額を撃たれたと発表。アルジャジーラによると、1997年から同テレビで働いていた。』