防衛相「米国が安保戦略改定に期待」 首相に訪米報告

防衛相「米国が安保戦略改定に期待」 首相に訪米報告
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUA103E30Q2A510C2000000/

『岸田文雄首相は10日、首相官邸で岸信夫防衛相と会った。岸氏は米国を訪問し、4日にオースティン国防長官と会談したと報告した。日本政府が年内を予定する国家安全保障戦略などの改定を巡り「非常に強い期待が米国から寄せられた」と伝えた。

岸氏が面会後の記者会見で明かした。戦略改定に向けて相手のミサイル発射拠点などをたたく「敵基地攻撃能力」の保有の是非などが焦点になる。

岸氏は「日米同盟の抑止力の強化が大変重要だということなどについて(首相に)理解をいただいた」とも言明した。

オースティン氏は岸氏との会談で、日本が核使用の脅威を受けた際に米国が核を含めた抑止力を行使すると言及した。国家安保戦略など日米両国の文書をすり合わせるとも確認した。』