米国 ウクライナに「軍人が簡単に手で飛ばせる監視・偵察ドローン」も提供

米国 ウクライナに「軍人が簡単に手で飛ばせる監視・偵察ドローン」も提供
佐藤仁
学術研究員・著述家
4/10(日) 9:00
https://news.yahoo.co.jp/byline/satohitoshi/20220410-00290727

『2022年2月にロシア軍がウクライナに侵攻。ロシア軍によるウクライナへの攻撃やウクライナ軍によるロシア軍侵攻阻止のために、攻撃用の軍事ドローンが多く活用されている。また民生用ドローンが監視・偵察のために両軍によって多く使用されている。

ロシア軍はロシア製のドローン「KUB-BLA」で攻撃を行っており、ウクライナ軍はトルコ製のドローン「バイラクタルTB2」やウクライナで開発した軍事ドローン「PD-1」でロシア軍の装甲車を上空から破壊している。

ウクライナ軍による軍事ドローンでの上空からのロシア軍への攻撃はロシア軍にとっても大きなダメージとなっており、ロシア軍のウクライナ侵攻に大きな足かせとなっている。このようにロシアとウクライナの紛争で軍事ドローンによる攻撃が続いている。

アメリカのバイデン政権は米国エアロバイロンメント社が開発している軍事ドローン「スイッチブレード」をウクライナ軍に100台提供している。「Switchblade300」と「Switchblade600」が上空から標的に突っ込んでいき、戦車などの標的を破壊することができる。

英国も同様の攻撃ドローンをウクライナ軍に提供している。

そしてアメリカは攻撃ドローンだけでなく、監視・偵察のためのドローン「Puma」も提供することを明らかにした。攻撃ドローン「スイッチブレード」と同じ米国エアロバイロンメント社が開発している。軍人が自分の手で飛ばすことができるドローンで、上空から監視・偵察のみを行い攻撃はしない。

今回のウクライナの紛争ではロシア軍もウクライナ軍も監視・偵察用、攻撃用にドローンを多く活用している。

ドローンは戦闘機や戦車よりもコストも安く開発や製造も簡単だ。

そして上空からの敵陣の正確な監視・偵察に向いている。

また上空からの攻撃は敵に甚大なダメージを与えることができる。

だが上空を飛行するドローンを迎撃するためのシステムも多く、検知されるとすぐに電磁波で機能を停止されたり迎撃銃で撃ち落とされてしまう。

また攻撃ドローンは標的に突っ込んでいき自爆する「神風ドローン」とも呼ばれるタイプが主流のため、一度攻撃に利用されると破壊してしまうので再利用はできない。

そのため監視・偵察用ドローンも攻撃ドローンも何台あっても足りない。

▼米国が提供する監視・偵察ドローン「Puma」

佐藤仁
学術研究員・著述家

グローバルガバナンスにおけるデジタルやメディアの果たす役割に関して研究。科学技術の発展とメディアの多様化によって世界は大きく進化してきました。それらが国際秩序をどう変化させたのか、また人間の行動と文化現象はどのように変容してきたのかを解明していきたいです。国際政治学(科学技術と戦争/平和・国家と人間の安全保障)情報社会学(ホロコーストの歴史の記憶と表象のデジタル化)。修士(国際政治学)修士(社会デザイン学)。近著「情報通信アウトルック:ICTの浸透が変える未来」(NTT出版・共著)、「情報通信アウトルック:ビッグデータが社会を変える」(同)、「徹底研究!GAFA」(洋泉社・共著)など多数。

佐藤仁の最近の記事

もっと見る

ウクライナ軍「ロシア軍のドローン300機以上撃破。もっと強力な武器の提供を」SNSで訴え

5/9(月)23:40

ウクライナ軍、トルコの軍事ドローン「バイラクタル」で黒海のロシア海軍の上陸用舟艇を爆破

5/8(日)17:00

米国、持ち運び可能な"戦術的ミニ弾薬ドローン"「Spike-Firefly」イスラエルから購入検討

5/8(日)10:40

イスラエル、ホロコースト記念日:生存者ら「次世代へのホロコーストの記憶の継承」強調

5/7(土)20:31 』