新生銀行、「SBI新生銀行」に社名変更で調整 23年1月に

新生銀行、「SBI新生銀行」に社名変更で調整 23年1月に
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUB09C3M0Z00C22A5000000/

『SBIホールディングス傘下の新生銀行が社名を「SBI新生銀行」に変更する方向で最終調整していることがわかった。2023年1月に社名を変更する予定だ。新生銀は21年12月にSBIの傘下に入った。新生銀とSBI傘下の各社との連携を深める狙いがある。

6月に開く株主総会に社名を「SBI新生銀行」に変更する議案を提出する方向だ。社名を正式に変更するには、金融庁による認可に加え、株主総会での承認が必要になる。

新生銀は21年12月に成立したTOB(株式公開買い付け)で、SBIが株式の約48%を握る連結子会社となった。かねて新生銀の川島克哉社長は「(社名変更で)SBIが新生銀にコミットすることを表せる」と述べ、6月の株主総会に向けて行名の見直しを検討していた。

【連載「ルポ迫真 SBI・新生 攻防の果て」記事一覧】

(1)新生銀行の公的資金返済「3年でけりをつけてこい」
(2)新生銀行・工藤社長「辞める覚悟ないと会社がゆがむ」
(3)村上ファンド「株上昇、最大の防衛策」 新生銀TOB参戦
(4)「SBIはハゲタカじゃない」 金融庁、苦渋のTOB支持 』