「プーチンは歴史修正主義」 米大統領報道官

「プーチンは歴史修正主義」 米大統領報道官
対ドイツ戦勝記念日の演説批判
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN100DN0Q2A510C2000000/

『【ワシントン=坂口幸裕】米ホワイトハウスのサキ大統領報道官は9日の記者会見で、第2次世界大戦の対ドイツ戦勝記念日に演説したロシアのプーチン大統領を「歴史修正主義者だ」と批判した。先の大戦でのソ連によるナチス・ドイツへの勝利と今回のウクライナへの侵攻を重ね合わせて正当化したプーチン氏の発言が念頭にある。

プーチン氏は9日の演説で、ウクライナ侵攻について「唯一の正しい決定だった」と述べた。ウクライナ東部のロシア兵らが「祖国や未来のために戦っている」とも主張した。

サキ氏はプーチン氏の発言に関し「この日は欧州の平和と統一、ナチスの敗北を祝う日だ」と指摘。「プーチンは不当な戦争を正当化するために歴史をゆがめ、歴史を変えようとしている」と断じた。

プーチン氏は演説で欧州の安全保障をめぐるロシアとの対話を拒否した米欧に責任があるとの認識も示した。サキ氏は「発言は明らかに誤りであり不正確だ」と非難した。』