[FT]首相逮捕のバージン諸島、英国の直接統治を拒否

[FT]首相逮捕のバージン諸島、英国の直接統治を拒否
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOCB010AI0R00C22A5000000/

『カリブ海のタックスヘイブン(租税回避地)英領バージン諸島のウィートリー首相代行は英政府による直接統治の再導入を「受け入れられない」と拒否した。島の汚職と失政に関する英国の公式調査の勧告をめぐって英国と対立している。
ウィートリー氏は「これまで我々は何世代にもわたって進歩を遂げてきたのに、英国が直接統治すればその進歩がすべて無になる」と述べ、直接統治に反対した=ロイター

調査報告は4月29日に公表された。バージン諸島の統治に「おぞましい」不備があり、深刻な汚職が起きた「高い可能性」があると結論づけた。「重苦しい気持ちで出された」勧告の柱は、現地の憲法を一部停止し、最大2年間、英君主に任命された総督による直接統治を敷くというものだ。

これに対し、ウィートリー氏は「これまで我々は何世代にもわたって進歩を遂げてきたのに、英国が直接統治すれば、その進歩がすべて無になる」と述べた。同氏は選挙で選ばれた自治政府のファヒー首相が28日、米フロリダ州マイアミで麻薬の密輸とマネーロンダリング(資金洗浄)の容疑で逮捕された後、首相代行に就任した。

「勧告内容に関して同意できれば、我々は英国と協力して取り組めると堅く信じている」。ウィートリー氏は30日夜、フェイスブックに投稿した動画でこう語った。「我々はその目標に向けて提案を準備している」

同氏が断固たる姿勢を示し、直接統治への抗議デモが計画されていることもほのめかしたことで、5月2日の英国のミリング閣外相との会合は厄介なものとなった。ミリング氏はファヒー氏の逮捕後、勧告の実行方法について話し合うためにバージン諸島に急ぎ赴いていた。

東カリブ海に位置する人口3万人の英領バージン諸島は、世界中の個人や法人の1兆5000億ドル(約200兆円) 以上の資産を管理する37万社以上のペーパーカンパニーにとって都合のいい場所だ。法執行機関の高官らによると、近年では南米から米国にコカインを密輸する格好の経由地にもなっている。
カリブ地域全体が英国に批判的

元高等法院判事のゲイリー・ヒッキンボトム氏が主導した調査は統治の問題に集中し、島の政府高官と麻薬密輸業者との共謀疑惑については詳細に検証しなかった。調査は適切に管理されないまま巨額の公的資金が使われた案件を多数特定し、市民は自分たちが選んだ政府によって「非常にお粗末な処遇」を受けていると結んでいる。

2007年に制定されたバージン諸島の憲法は、カリブ地域の他の英国領と似たハイブリッド式の行政を成文化した。英政府によって任命された総督が防衛、安全保障、警察を統括する一方、地元の選挙で選ばれた政府が予算を含むその他すべての問題を担う仕組みだ。

マイアミ空港での覆面捜査官によるおとり捜査でファヒー氏がバージン諸島のメイナード港湾局長とともに逮捕されたのは、別件の米麻薬取締局(DEA)の捜査の一環だった。捜査はヒッキンボトム氏の調査とは無関係だったが、英政府は調査委員会の勧告について迅速な行動をとることを迫られた。

英外務・英連邦・開発省は5月1日、コメントの要請には応じなかったものの、トラス英外相の発言には言及した。トラス氏は4月29日、ファヒー氏の逮捕は「緊急に対策をとる必要性を浮き彫りにしている」と述べ、調査報告により「英領バージン諸島の市民が本来受けるべき統治を回復するために立法府と憲法の大幅な見直しが求められることがはっきり示された」と語った。

だがバージン諸島の主要な政治家一族で、前回の議会選挙で当選したばかりのウィートリー氏は、ファヒー氏から恒久的に首相の座を引き継ぎ、直接統治に反対すべく、与党「バージン諸島党」の全面的な支持を得ていると語った。バージン諸島の最大野党も直接統治を拒否している。

選挙で選ばれた議員らが直接統治に断固反対し、カリブ地域全体が一段と英国とその過去の帝国主義への批判を強めるなか、英政府は今、選択を迫られている。島の住民の希望を無視するか、それとも調査報告で失政を痛烈に批判された現地政府が自ら改革を試みるのを認めるかどうかだ。

By Michael Stott

(2022年5月2日付 英フィナンシャル・タイムズ電子版 https://www.ft.com/)

(c) The Financial Times Limited 2022. All Rights Reserved. The Nikkei Inc. is solely responsible for providing this translated content and The Financial Times Limited does not accept any liability for the accuracy or quality of the translation. 』