NYダウ一時1300ドル安 金融引き締め「軟着陸」に不安

NYダウ一時1300ドル安 金融引き締め「軟着陸」に不安
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN053ZL0V00C22A5000000/

『【ニューヨーク=宮本岳則】5日の米株式市場ではダウ工業株30種平均が急反落し、前日比1063ドル09セント(3.1%)安の3万2997ドル97セントで終えた。

1日の下げ幅としては2020年以来の大きさとなった。4日に今年最大の上げ幅を記録していたが、一転して大幅安になる不安定な相場展開になった。

米連邦準備理事会(FRB)が景気後退を回避しつつ、インフレ抑制に成功する「ソフトランディング(軟着陸)」シナリオを巡って市場の見方は定まっていない。

【関連記事】
・FRB、「2倍速」の緩和縮小 世界経済に試練
・米株式相場はなぜ急反落したのか?(NY特急便)

米株式市場は朝方から売り先行で始まり、ダウ平均の下げ幅は一時1300ドルを超えた。ハイテク株中心のナスダック総合株価指数の下落率は一時5%を超えた。時価総額が世界最大のアップルは株価が一時6%下げ、ゴールドマン・サックス、JPモルガン・チェースなど金融大手の株価下落も目立った。

米債券市場では長期金利の指標になる10年物国債利回りが急上昇(価格は急落)し、一時3.1%近くまで上げた。投資家心理を測る指標になる米株の変動性指数(VIX)は30台に急伸し、投資家の不安心理の目安になる20を大幅に上回った。

外国為替市場ではドル高に弾みがついた。主要通貨に対する米ドルの強さを示す「ドル指数(実効為替レート)」が5日上昇し、02年12月以来、約20年ぶりの高水準になった。欧州で景気後退懸念が高まるなか、米国が金融引き締めで先行するとの見方から米ドルが買われやすくなっている。円相場は一時、1ドル=130円55銭まで円安・ドル高が進んだ。

FRBは4日の米連邦公開市場委員会(FOMC)で通常の倍になる0.5%の利上げと、国債などの保有資産を減らす量的引き締め(QT)の6月開始を決めた。パウエル議長はFOMC後の記者会見で、市場で浮上していた0.75%の大幅利上げに慎重な見方を示した。金融引き締めに極めて積極的な「極端なタカ派シナリオ」が後退し、4日の米株市場では取引終了にかけて買い戻しが進んだ。

パウエルFRB議長は4日の記者会見で、景気後退を回避しつつ、インフレを抑止するソフトランディング実現に自信を示した。一方、インフレ抑止が政策の最優先と強調し、景気を冷やすことも辞さない覚悟もみせた。

パウエル氏は記者会見で今後の会合で再び0.5%利上げを決める可能性を示唆しており、「0.75%」に慎重な発言以外はタカ派色の強い内容だった。米ミラー・タバックのエコノミスト、ポール・シー氏は4日のメモで「0.75%利上げの可能性が小さくなったことに興奮してはいけない」と指摘していた。

5日の株式市場では、前日の「パウエル発言」の精査が進み、改めてFRBのタカ派姿勢に焦点が当たったようだ。米サスケハナ・ファイナンシャル・グループのデリバティブ戦略共同責任者、クリストファー・マーフィー氏は「投資家は経済成長率の大幅な低下や景気後退を招くことなく、FRBがうまくインフレを抑制できるか不安視している」と話す。

インフレ懸念を強める材料が相次いで出てきたことも大きい。米原油先物相場は5日朝方に1バレル111ドル台と3月以来の水準に上昇した。5日朝発表の22年1~3月期の米労働生産性が前期比年率7.5%低下し、低下率は1947年以来の大きさだった。労働生産性の低下はインフレを加速させる要因となる。

米運用会社グッゲンハイム・パートナーズのスコット・マイナード最高投資責任者(CIO)は「米国では景気後退を招かずにインフレ率を2%以上引き下げられたことはない」と述べた上で、23年末までは不況にならないとみる。米国野村証券のエコノミスト、雨宮愛知氏は軟着陸が基本シナリオとしつつ、24年末までに景気後退が発生する確率は4割程度とみていた。

来週にかけて金融政策に影響を及ぼす重要統計の公表が続く。米東部時間6日に4月の米雇用統計が発表になるほか、11日に4月の消費者物価指数(CPI)の公表を控えている。賃金や家賃の上昇にピーク感が出てくれば、金融引き締めへの過度な警戒が和らぐ可能性がある。

FRB高官の発言にも注目が集まる。6日にはFRBの「タカ派傾斜」を主導してきたウォラー理事が討論会に出席する。景気を冷やしたり、ふかしたりしない「中立金利」を超えて、どこまで政策金利を引き上げる必要があるのかという点について、4日の記者会見で新たな指針は提示されなかった。高官から示唆するような発言が出てくれば、思惑で相場は動きやすくなる。

【関連記事】
・FRB、22年ぶり0.5%利上げ 「量的引き締め」も決定
・米、量的引き締め決定 今後の利上げペースは 配信中
・FRB「引き締め加速」で何が起きるか 円安圧力さらに
・チリ中銀が1.25%利上げ、8.25%に 7会合連続

多様な観点からニュースを考える

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

大槻奈那のアバター
大槻奈那
マネックス証券 専門役員チーフ・アナリスト
コメントメニュー

ひとこと解説

昨日は、事前予想との対比の瞬発力で動いた相場、今日は先行きを改めて考えた相場、ということでしょう。昨日も今日も振れすぎとは思いますが、未曾有の引き締めに向け、市場が身構えるのはやむを得ないところ。

 そして先ほど、南米チリの中央銀行が政策金利を1.25%引き上げ8.25%とすると発表しました。昨年6月時点の0.5%から、恐ろしいピッチでの利上げです。インフレ抑制のためやむなしとの判断のようですが、果たして脆弱な新興国が環境変化にどこまで耐えられるのか…

 市場のアップサイドを見るには米国が最先端ですが、ダウンサイドについては、今回の世界経済のアキレス腱である非資源系新興国にも注目しています。

2022年5月6日 7:27

滝田洋一のアバター
滝田洋一
日本経済新聞社 特任編集委員
コメントメニュー

ひとこと解説

5月の売り (Sell in May) そのものです。米長期金利が3.1%近辺まで上昇し、ナスダックは5%の急落を演じました。テスラ株は8.3%安、アマゾン株は7.6%安。FRBによる軟着陸を夢想した市場参加者は、翌日にはインフレ抑制に後手に回っていると気をもみだしました。景気を冷やさないですむ金融引き締めなどないかもしれない――これが5日の株安のメッセージです。

インフレという点で気になるのは原油価格の動向。OPECプラスの追加増産見送りでWTは一時110㌦まで上昇しました。「油加減」が厳しさを増すと、世界の市場はスタグフレーション(景気後退下の物価上昇)を意識せざるを得なくなります。

2022年5月6日 7:04 (2022年5月6日 8:03更新) 』