鈴木貴博

鈴木貴博
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%88%B4%E6%9C%A8%E8%B2%B4%E5%8D%9A

『鈴木 貴博(すずき たかひろ、1962年11月17日 – )は、愛知県名古屋市出身の経済評論家、フューチャリスト、経営戦略コンサルタントである[1]。所属事務所はアスリート・マーケティング株式会社[2]。 』

『概要

ボストンコンサルティンググループ出身。大企業に対する経営コンサルティングの経験をもとに、2003年ころから雑誌やWEBメディアでの経済記事の執筆を始める。

経済評論家としての専門領域は未来予測、問題解決と企業戦略で、東洋経済オンライン[3]、ダイヤモンド・オンライン[4]、プレジデントオンライン[5]、現代ビジネスにそれぞれ連載を持つ。

2013年に出版した経済クイズ本『戦略思考トレーニング』がシリーズ累計で20万部を超えるベストセラーになる[6]。

王山覚のペンネームでサブカル宇宙論も著している。主な主張は「ビッグバンがおきた原因はわれわれの宇宙が巨大なブラックホールに落ち込んだから」という説[7]。 』

『来歴

1986年、東京大学工学部物理工学科を卒業
1986年、ボストンコンサルティンググループに入社
1999年、ネットイヤーグループ(東証マザーズ上場)の創業に取締役として参画
2003年に独立。百年コンサルティング株式会社を創業。代表取締役社長に就任。経済評論家としての活動を開始。
2013年、著書『戦略思考トレーニング』がベストセラーに(シリーズ累計20万部)
2020年、タレントとしての所属事務所をアスリート・マーケティング株式会社に移籍

人物

30代の頃にクイズプレイヤーとして活躍。当時はホノルルクラブに所属し、カルトQ「ホーキング」の回に出場、パネルクイズアタック25に優勝。オープン大会の優勝歴もある[8]。

BSスカパー!の番組「BAZOOKA!!!」内の人気クイズ企画「地下クイズ王決定戦!!」では前回王者しみけんのブレーンとして第6回と第7回に連続出場。第7回決定戦では地下クイズ王に輝いている。

評価

未来予測に関してズバリと明言をする傾向があり、そのため外れた経済予測が多い。
2014年頃から「2020年代には自動車のコア技術がエンジン技術からAI技術と蓄電池技術に移行することを理由に、トヨタなど自動車メーカーを中心とした業界構造が崩れることでトヨタが衰退する」[9]という主張を続けている。

2017年3月1日、週刊SPA! において、任天堂はスマホゲーム全盛の今、ハードのゲーム機にいまだにこだわり続ける姿勢から、5年以内に危ないという予測を行ったが[10]この時期を境に任天堂は逆にスイッチの成功でV字回復を果たし予測は外れた。

2018年8月24日、ダイヤモンド・オンラインにおいて、『iPhone端末の販売で一番儲かる国は、実は日本である。』と述べたが[11]、その根拠となった試算[12]は、2009年に発売されたiPhone 3GSの部材製造コスト予想に基づくもので、2018年現在では全く事情が異なる[13]。』

(※ 以下、省略。)