米、旗艦「モスクワ」撃沈支援か ウクライナに情報提供

米、旗艦「モスクワ」撃沈支援か ウクライナに情報提供
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN0604Y0W2A500C2000000/

『【ワシントン=中村亮】ウクライナ軍が4月中旬にロシア黒海艦隊旗艦の巡洋艦「モスクワ」をミサイル攻撃で撃沈した際、米国から得た情報を活用していたことが5日、分かった。複数の米メディアが報じた。モスクワはロシア海軍の強さの象徴で、米国の関与にロシアが反発を強める可能性がある。

【関連記事】ロシア黒海艦隊の旗艦「モスクワ」沈没 旗艦とは何か

NBCテレビによると、ウクライナ軍は黒海を航行していたロシアの艦船について情報提供を米国に求めた。米国は艦船をモスクワと特定し、位置の特定を支援した。米国は当時、ウクライナ軍がミサイル攻撃を仕掛けると事前に把握していなかったという。

米国防総省高官はウクライナ軍が国産の対艦ミサイル「ネプチューン」でモスクワを攻撃したと分析していた。

米紙ニューヨーク・タイムズによると、ウクライナ軍は米国から受け取った情報をロシア軍高官の殺害にも生かしていた。米国がウクライナ東部でのロシア軍の移動式司令部の位置情報などを伝え、ウクライナ軍が作戦を遂行しているという。

米国防総省のカービー報道官は5日の記者会見で、ウクライナの自衛を助ける目的で、戦場の情報を提供していると重ねて説明しつつ「ロシア軍高官の位置情報は提供しておらず、攻撃対象の決定に関与していない」と話した。「正直言って我々よりもウクライナ軍のほうが情報を多く持っている」とも述べた。

同紙によると、ウクライナ軍はこれまでに約12人のロシア軍高官を殺害したとしている。ウクライナ軍は米国の情報と合わせてロシア兵同士の通信を傍受し、ロシア軍高官の位置を把握して砲撃を実施しているもようだ。米軍はウクライナでの戦闘に直接関与していないが、ウクライナへの支援を一段と強化しているとみられる。
多様な観点からニュースを考える

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

竹内薫のアバター
竹内薫
サイエンスライター
コメントメニュー

今後の展望

現代の戦争は武器の小型化とともに「情報」が決め手であり、その先端技術をアメリカは持っており、ロシアは持っていません。

ロシアは宇宙開発や核開発など、特定の分野が突出していますが、戦場で部隊がふつうの携帯電話を使っているなど、「張子の虎」だったことがわかりました。

ロシアは過去の戦争をやっており、ウクライナは欧米に助けられて現代の戦争をやっており、そこにウクライナの士気の高さが加われば勝機が生まれます。

今後は(なんらかの形での)「プーチン排除」に向けた情報戦が激化するでしょう。一刻も早く戦争が終わり、徹底的に戦争犯罪人を裁いてほしい。

2022年5月6日 11:44

上野泰也のアバター
上野泰也
みずほ証券 チーフマーケットエコノミスト
コメントメニュー

ひとこと解説

現代戦において「情報」がいかに重要かを物語るエピソードである。

昔から戦争では奇襲がときに大きな効果を発揮してきた。悪天候などを利用しながら自軍の位置を敵に隠して移動し、敵の布陣で防備が薄いところを虚を突いて攻めるパターンである。

ところが現代は、衛星からの情報で部隊の移動は上から丸見えになってしまう。よほどの工夫をしなければ奇襲は難しい。それどころか、巧妙な攻撃で補給路が断たれたりすると、部隊はやむなく後退ということになる。

米国からの情報と、住民から提供されるものも含む現地情報を組み合わせて、ウクライナ軍は巧妙に戦闘を行っているようであり、ロシア軍のドンバス攻勢は目立った戦果を挙げていない。

2022年5月6日 11:34

春割ですべての記事が読み放題
今なら初回2カ月無料!
https://www.nikkei.com/promotion/?ak=https%3A%2F%2Fwww.nikkei.com%2Farticle%2FDGXZQOGN0604Y0W2A500C2000000&n_cid=DSPRM1AR08 』