日米高官、ウクライナ侵攻「容認せず」 アジア波及警戒

日米高官、ウクライナ侵攻「容認せず」 アジア波及警戒
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN033PE0T00C22A5000000/

※ バイデン訪日の、「露払い」か…。

※ 眼下の国際情勢においては、やはり「安全保障」が中心になるようだ…。

『【ワシントン=坂口幸裕】訪米中の秋葉剛男国家安全保障局長は3日、米ホワイトハウスでサリバン大統領補佐官(国家安全保障担当)と会談した。ロシアによるウクライナ侵攻について、力による一方的な現状変更は国際秩序への深刻な挑戦であり、断じて容認できないとの認識で一致した。

覇権主義的な動きを強める中国などを念頭に、いかなる地域においても同様の事態を引き起こしてはならないと確認した。ウクライナへの侵攻を続けるロシアの行動を放置すれば、インド太平洋地域に波及しかねないとの警戒感がある。

サリバン氏は対ロシア制裁などで足並みをそろえた日本の対応を高く評価する考えを示した。両氏は日米や主要7カ国(G7)など国際社会と緊密に連携してロシアに対処していくと申し合わせた。5月下旬に予定するバイデン大統領の来日をにらみ、岸田文雄首相との首脳会談の議題などもすり合わせた。

在米国日本大使館が3日に出した声明によると、日米同盟の強化や「自由で開かれたインド太平洋」の重要性について協議した。バイデン氏の来日に合わせて予定する23日の日米首脳会談、24日の日米豪印の「Quad(クアッド)」首脳会合への地ならしになる。

秋葉氏は3日、ブリンケン米国務長官を表敬訪問した。弾道ミサイル発射を繰り返す北朝鮮について、日米や日米韓で緊密に連携する重要性を確かめた。』