アドルフ・ヒトラー

アドルフ・ヒトラー
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%89%E3%83%AB%E3%83%95%E3%83%BB%E3%83%92%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%BC

 ※ 『出自

ヒトラー家
「アロイス・ヒトラー」も参照
母クララ・ヒトラー
父アロイス・ヒトラー

ヒトラー家の出自については謎が多く、本人も「私は自分の一族の歴史について何も知らない。私ほど知らない人間はいない。親戚がいることすら知らなかった。(中略)…私は民族共同体にのみ属している」と語っている[12]。出自について詮索される事も非常に嫌い、「自分が誰か、どこから来たか、どの一族から生まれたか、それを人々は知ってはいけないのだ!」と述べており、妹パウラは「兄には一族という意識がなかった」としている[12]。 』

『ヒトラー家の出自については謎が多く、本人も「私は自分の一族の歴史について何も知らない。私ほど知らない人間はいない。親戚がいることすら知らなかった。(中略)…私は民族共同体にのみ属している」と語っている[12]。

出自について詮索される事も非常に嫌い、「自分が誰か、どこから来たか、どの一族から生まれたか、それを人々は知ってはいけないのだ!」と述べており、妹パウラは「兄には一族という意識がなかった」としている[12]。

そもそもヒトラーの実父アロイス・ヒトラーからして出自が不明瞭な人物で、彼は低地オーストリア地方にあるシュトローネス村にマリア・アンナ・シックルグルーバーという未婚女性の私生児として1837年に生まれ、アロイス・シックルグルーバーと名付けられている[13][14]。

父アロイスは祖母マリアが42歳の時に生まれた高齢出産かつ初産であった[15]。

さらに祖母は子供の父親として考えられる相手の男性について決して語らず、結果的にアロイスの洗礼台帳は空白になっている[15]。

後にマリアはアロイス出産後に粉引き職人ヨハン・ゲオルク・ヒードラー(英語版)と結婚[15]、アロイスは「継父と母が儲けた婚外子」で後に結婚したのだろうと語っているが、その根拠はない[16]。

職人として各地を放浪しながら働いていたゲオルクとマリアに接点があったとは考えがたく、またアロイスはゲオルクの養子にはされずシックルグルーバー姓で青年期まで過ごしている[17]。 』…。

 ※ ということで、そもそもが「家系不詳」「氏不詳」の、どういう「素性」の人物なのか、よく分かっていない…、と言うのが実情のようだ…。