プーチン氏「介入あれば電撃的な措置」 欧米支援けん制

プーチン氏「介入あれば電撃的な措置」 欧米支援けん制
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOCB281JQ0Y2A420C2000000/

※ この「暴走老人」を、何とか停める手立ては無いものなのか…。

※ 「人」として、望みうる殆ど全てのものは、手に入れただろうに…。

※ しかし、秦の「始皇帝」じゃないが、「永遠の命(いのち)」を与えることは、誰にもできないんだ…。

『ロシアのプーチン大統領は27日、ウクライナ情勢を巡って「もしだれかが介入しようともくろみ、ロシアにとって受け入れがたい戦略的脅威をつくり出すなら、攻撃に対する我々の措置は電撃的なものになる」と発言した。ロシアが侵攻しているウクライナに欧州諸国や米国が軍事支援を強化するのをけん制した。

ロシア北西部のサンクトペテルブルクで開いた議会関係者との会合で演説した。プーチン氏は「我々には誰もいまは誇示できないようなあらゆる武器がある」とも指摘した。核兵器も含めたあらゆる手段を行使する考えを示唆した発言とみられる。

プーチン氏はウクライナ侵攻開始直後の2月27日、核戦力を含む軍の核抑止部隊に任務遂行のための高度な警戒態勢に移行するよう指示している。核兵器の使用をちらつかせて、国際社会のウクライナ支援と対ロシア制裁の強化をけん制する姿勢を強めている。

米国防総省のカービー報道官は27日の記者会見で、ロシア側から核兵器を巡る発言が相次いでいることについて「核の対立について不安をあおるのは無責任だ」と批判した。ロシアの核戦力に異常な動きは見られないと指摘し、「米国の核抑止力はしっかり機能している」と述べた。

【関連記事】
・ロシア「核戦争は現実的」 ウクライナ支援の米欧を威嚇
・ロシアのガス遮断、欧州「脅迫」と猛反発 価格2割上昇
・ドイツ、ウクライナへ戦車供与 米欧が追加支援へ会合 』