対中安保協定に懸念伝達 日本、ソロモン首相に

対中安保協定に懸念伝達 日本、ソロモン首相に
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUA2678T0W2A420C2000000/

『南太平洋の島国ソロモン諸島を訪問中の上杉謙太郎外務政務官は26日(日本時間同)、同国のソガバレ首相と会談し、中国が同国と署名した安全保障協定に触れ「日本として懸念を持って注視している」と伝えた。日本外務省が発表した。

上杉氏は安保協定を巡り、太平洋地域全体の安全保障に影響を及ぼす可能性があると指摘。ソガバレ氏は同国の立場を説明した。

両氏は「自由で開かれたインド太平洋」の実現に向け、緊密に連携する方針では一致した。〔共同〕』