ロシアの民航管制当局は、国内の各航空会社に対し、近々、米国のGPSなしで飛んでもらわにゃならんぞとの予備警報を発した。

ロシアの民航管制当局は、国内の各航空会社に対し、近々、米国のGPSなしで飛んでもらわにゃならんぞとの予備警報を発した。
https://st2019.site/?p=19244

『ロシアの民航管制当局は、国内の各航空会社に対し、近々、米国のGPSなしで飛んでもらわにゃならんぞとの予備警報を発した。『イズヴェスチア』紙が金曜日に報道。

 これは大々的な対GPS妨害をかけることをハッキリと伝えたのである。フィンランド東部、カリニングラード地区、ロシア西部、地中海、黒海の空域はすべて覚悟せよ。

 GPS受信機をカットして飛行するロシアの民航機を、FATA(連邦航空輸送局)は支援すると請合った。

 イズヴェスチアによると、これはGPSの利用を禁ずるものではない。使いたくとも使えなくなる場合があり、そのときは管制塔に助言を請いなさいと言っているのである。』