スロベニア

スロベニア
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%AD%E3%83%99%E3%83%8B%E3%82%A2

※ wikiから収集したものでは無いが、スロヴェニアの地形図を貼っておく。

『スロベニア共和国(スロベニアきょうわこく、スロベニア語: Slovenija: SI-Slovenija.ogg [sloˈveːnija])、通称スロベニア、スロヴェニアは、中央ヨーロッパに位置する国[1]。首都はリュブリャナ[2]。主要なヨーロッパの文化や交易の交差路である[3][4]。』

『概要
Ambox wikify.svg

この節は語句の内部リンク、見出しのマークアップなどスタイルマニュアルに沿った修正が必要です。ウィキペディアの体裁への修正にご協力ください(ヘルプ)。(2017年2月)

スロベニアは西はイタリア、北はオーストリア、南や南東はクロアチア、北東でハンガリーとそれぞれ国境を接している[5]。

国土面積は20,273平方キロメートル (7,827 sq mi)で、人口は205万人を擁する[6]。

議会制共和国で、欧州連合や北大西洋条約機構の加盟国である[7]。

スロベニアではアルプス山脈とディナル・アルプス山脈、地中海のアドリア海に沿った少ない海岸部分のヨーロッパの4つの大きな地理的な部分が接している[8][9]。

スロベニアの国土はモザイク状の構造で多様性に富んだ景観や[9]、生物多様性があり[10][11]、この多様性は自然の特質と長期の人間の存在による[12]。

主に丘陵地の気候[8] であるが、スロベニアの国土は大陸性気候の影響を受け、プリモルスカ地方は亜地中海性気候に恵まれており、スロベニア北西部では高山気候が見られる[13]。

スロベニアはヨーロッパの国の中でも水が豊かな国の一つで[14]、密度が高い河川や豊かな帯水層、かなりのカルスト地形(クラス地方はカルストの語源)の地下水流がある[15]。スロベニアの国土の半分以上は森林に覆われている[16]。

スロベニアの集落は分散しており、一様ではない[17]。

スラヴ語派やゲルマン語派、ロマンス諸語、フィン・ウゴル語派などの言語や文化のグループはスロベニアで接し領域は均質でないが[18][19][20]、人口数ではスロベニア人が優勢である[21]。

スロベニア語はスロベニアの唯一の公用語であるが、イタリア語やハンガリー語などは地域の少数言語となっている。

スロベニアの大部分は宗教と分離しているが[22]、文化やアイデンティティの面ではカトリック教会やルーテル教会の大きな影響を受けている[23]。

スロベニアの経済(英語版)は小規模で、輸出志向型工業化の経済[24] でありその後の国際的な経済情勢に大きく影響を受けている[25]。

スロベニアの経済は2000年代後半に始まった欧州経済危機により厳しい痛手を負っている[26]。経済の主要な分野は第三次産業で、工業や建設がそれに続く[27]。

多くのスロベニア人がスポーツ界で成功しており、特にウィンタースポーツ、ウォータースポーツ、登山、耐久性が要求されるエンデュランススポーツで顕著である[28]。

歴史的に現在のスロベニアの領域は多くの異なった国により支配されており、その中にはローマ帝国や神聖ローマ帝国、それに続くハプスブルク帝国などが含まれる。

1918年、スロベニアは国際的には認められていないものの自己決定権を行使し他民族と共同でスロベニア人・クロアチア人・セルビア人国を樹立し、後に1つとなりユーゴスラビアとなった。

第二次世界大戦中、スロベニアはナチス・ドイツやイタリア王国、クロアチア独立国、ハンガリー王国に占領や併合されていた[29]。

戦後は新たに樹立したユーゴスラビア社会主義連邦共和国の共和国の一つとなった。

1991年6月に複数政党制の間接民主制を導入し、スロベニアはユーゴスラビアから独立した国となった[30]。

2004年にはNATOとEUに加盟し、2007年には元共産主義国としては最初にユーロ圏に加わり、2010年にはOECDに加盟している[31]。 』

 ※ 以下、省略。