円安めぐり「緊密な意思疎通確認」 日米財務相が会談

円安めぐり「緊密な意思疎通確認」 日米財務相が会談
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUA220KA0S2A420C2000000/

『【ワシントン=江渕智弘】鈴木俊一財務相は21日、米ワシントンでイエレン米財務長官と会談した。外国為替市場で急速に進む円安・ドル高をめぐり意見交換した。鈴木氏は会談後、記者団に「日米通貨当局間で緊密な意思疎通を図ることを確認した」と述べた。

両氏の対面での会談は初めて。米財務省内で約30分間話した。米国の金融引き締めと日本の金融緩和の継続を背景に、円売り圧力はかかる。約20年ぶりの安値となる1ドル=129円台に下落するなど急速に円安は進んでいる。鈴木氏は「悪い円安」と指摘し、警戒感を示してきた。

【関連記事】
・G7共同声明、為替安定に言及せず 円安対策厳しく
・財務相「急速な変動望ましくない」 円安進行で
・金利上昇、日本置き去り 「悪い円安」悩む日銀
・円買い介入はできるか 財務省のジレンマ 』