「ロシアに『従来通り』はない」 G20退席の米財務長官

「ロシアに『従来通り』はない」 G20退席の米財務長官
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN21E6T0R20C22A4000000/

『【ワシントン=高見浩輔】イエレン米財務長官は21日の記者会見で、前日に開かれた20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議を途中で退席したことについて「ロシアに『従来通り』はない」と述べた。ウクライナに侵攻したロシアが国際協調を前提にした会議に出席すべきではないと改めて不快感を示した。

「ロシアの言い分を聞くために、ロシアの参加を認めることはない」と断言した。バイデン米政権はかねてG20の枠組みからロシアを排除すべきだと訴えている。イエレン氏はロシア側が発言をする前に英国やカナダの代表とともに退席した。日本の鈴木俊一財務相らは、ロシア側に強い抗議をしつつ退席はしなかった。

イエレン氏はロシアへの制裁やウクライナへの支援について今後も追加を検討する姿勢を強調したが、欧州がロシアからの資源輸入を止めることについては慎重な考えを示した。欧州のロシア産資源への依存度は高く、原油価格の上昇などを通じたデメリットのほうが大きいと指摘した。

記者会見は世界銀行と国際通貨基金(IMF)の春季総会に伴うもので、米財務省のなかで対面方式で実施された。』