東部戦線で「毒ガス」の使用が開始されたか?

Olha Povaliaieva 記者による2022-4-19記事「Occupiers Used Chemical Weapons in Kharkiv Region」
https://st2019.site/?p=19204

『Izyum市の前の助役だった人いわく。露軍が同市方面で化学兵器を使い始めたと。
 被害住民は全員、テストを受けている。

 この元助役さんの私的なネットワークにより、現地からの速報を得たという。

 化学兵器は、ロシア軍装備である「Grad」多連装ロケットによって撒かれている。
 それが着弾すると、地面にガスが広まるという。

 症状は全員同じ。目が赤くなる。眩暈。痛みを伴う嘔吐。呼吸困難。そして意識喪失。

 「Grad」のロケット弾には「9M23」および「9M21」という、ケミカル弾頭が用意されている。

 被害者からは血液サンプルを採取したので証拠は確保されている。着衣も研究施設へ送られている。』