ロシア、次世代ICBMを試験発射 米欧威嚇か

ロシア、次世代ICBMを試験発射 米欧威嚇か
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN20EBT0Q2A420C2000000/

『【ウィーン=細川倫太郎】ロシア国防省は20日、複数の核弾頭を搭載できる次世代の重量級大陸間弾道ミサイル(ICBM)「サルマト」の初めての試験発射を行い、成功したと発表した。ウクライナへの軍事支援を強化する米欧を威嚇する狙いがあるとみられ、近く実戦配備される可能性がある。

同省はロシア北西部のプレセツク宇宙基地から発射され、予定していた極東カムチャツカ半島に着弾したと説明した。米戦略国際問題研究所(CSIS)によると、サルマトの射程は最大1万8000キロメートルで米本土に届く。北極回りだけでなく、米軍のミサイル防衛網が手薄な南極回りでも標的を攻撃できるとされている。

ロシアのプーチン大統領はサルマトについて「最高の性能を持ち、現代のすべてのミサイル防衛システムを突破できる」と強調した上で、「我々を脅かそうとする者の考えを改めさせるだろう」と警告した。

米国防総省のカービー報道官は20日、記者団に対し、米ロが結んでいる新戦略兵器削減条約(新START)の規定に基づき、ロシアから実験について事前通告があったと明らかにした。実験について「サプライズではなく、実験を脅威とはみなしていない」と語った。

バイデン米政権はロシアによるウクライナ侵攻後、ICBMの発射実験を中止している。米ロの緊張を過度に高めないように配慮している。

多様な観点からニュースを考える

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

上野泰也のアバター
上野泰也
みずほ証券 チーフマーケットエコノミスト
コメントメニュー

分析・考察

記事にある通り、「バイデン米政権はロシアによるウクライナ侵攻後、ICBMの発射実験を中止」「米ロの緊張を過度に高めないように配慮している」。

だが、ロシアにそうした「配慮」はなく、次世代ICBM「サルマト」の初の試験発射をおそらく「ウクライナへの軍事支援を強化する米欧を威嚇する狙い」で実施した。

米国とロシアの対立度合いは着実に増している。これは記事にはないが、その間に中国が核・ミサイル戦力の急速な強化を図っており、米国の軍事力に対抗する姿勢を鮮明にしている。

ここで中国とロシアが連携を強化するとなれば、米国に逆風。だが、米国は民主主義陣営の旗手として、ロシアと中国の双方と対峙していくしかあるまい。

2022年4月21日 7:45

渡部恒雄のアバター
渡部恒雄
笹川平和財団 上席研究員
コメントメニュー

分析・考察

ロシアは、ウクライナ侵攻が目標どおりにいかず難航している中で、通常戦力の弱さを図らずも露呈してしまいました。

それを、今回のように長距離核戦力の優位性を訴えてカバーしようとしているのだとすれば、かなり的外れで、むしろ北朝鮮のような国家と同列に置かれて、弱さを見せることにもなりかねません。

この決定がどのようにされたのかはわかりませんが、ロシア政府が合理的な判断能力を失っているようならば、ウクライナ東部での軍事攻勢を前に、とても懸念されます。

2022年4月21日 8:25

柯 隆のアバター
柯 隆
東京財団政策研究所 主席研究員
コメントメニュー

ひとこと解説

大国だが、やることは北朝鮮みたい。

わずか2か月前までは、一応話相手としてみられていたが、今は、ならず者国家と化していった。

何がどう変わったのか。「ウクライナでのジェノサイド」を理由にウクライナに侵攻したというが、ICBMを打ち上げるのは何を誇示しようとしているのか

2022年4月21日 7:14 』