ロシアの公式テレビは「第三次世界大戦が始まった」と主張している

ロシアの公式テレビは「第三次世界大戦が始まった」と主張している

あるジャーナリストは、エスカレーションはすでに世界的な軍事紛争と呼ばれる可能性があると述べ、クレムリンは「間違いなくNATO自体と戦っていた」と述べた
https://www.infobae.com/ru/2022/04/15/official-russian-tv-claims-that-the-third-world-war-began/

『(※ 翻訳は、Google翻訳)

ロシアの国家テレビジャーナリストは、ウクライナ軍がクレムリンの旗艦であるモスクワを沈没させた後、第三次世界大戦がすでに始まっていると保証した。

ロシア1チャンネルのホストであるOlgaSkabeevaは、軍艦が「火事」に見舞われたと主張し、両者間の「エスカレーション」は「大胆に第三次世界大戦と呼ばれる」可能性があると述べた。

彼はまた、ロシアは「間違いなくNATO自体と戦っている」と述べた。

報告者の立場は、ロシア軍がウクライナ東部に駐留していたNATO軍を捕虜として領土を守るのを手伝っているというクレムリンからの報告を広めている他の報道と一致しているようだ。

ロシア議会のドゥーマ参議院の役人であるアンドレイ・クリモフに起因するコメントは、紛争の東部戦線でロシア軍によって待ち伏せされたポーランド民兵のグループに言及している可能性があります。

モスクワの死

ロシア国防省は水曜日にモスクワ巡洋艦が沈没したことを認めた。しかし、この事実の彼のバージョンは、爆発が機内の弾薬事故によるものであり、嵐の中で沈んだというものです。

「モスクワ船が目的地の港に引き揚げられている間、弾薬の爆発後の火災による船体の損傷により、船は安定性を失いました。厳しい海の状況で、船は沈没した」と同省は述べ、国の機関TASSが引用した。

ロシア国防省は以前、火災は封じ込められており、ソビエト時代の船はひどい損傷を受けたとしても浮いたままでいられると述べた。彼はまた、火災の原因を調査し、何百人もの乗組員が黒海の他の船に避難したと述べた。

私の側から、 ウクライナは、船がミサイル攻撃に見舞われたと主張した。オデッサ軍のスポークスマン、セルゲイ・ブラチュク氏は、モスクワは「国内のネプチューン巡航ミサイル」によって被害を受けたと述べた。

海王星は、ウクライナによって最近開発された対艦ミサイルであり、初期のソビエトの設計に基づいています。ランチャーは沖合に停車しているトラックに搭載されており、ワシントンに本拠を置く戦略国際問題研究所によると、ミサイルは最大280km離れた標的に命中する可能性があります。

読み続けます:

民間人を避難させたバスへのロシアの攻撃で少なくとも7人が死亡、27人が負傷

巡洋艦モスクワは、フォークランド諸島のベルグラノ将軍以来、紛争の最中に沈没した最初の船でした。

ロシアのウクライナ侵攻は、第二次世界大戦以来最大の民間人の大量流出を引き起こし、500万人以上が去りました

クレムリンは、ルーブルで支払うために他の国と貿易を移転することは「非常に難しい」ことを認めました 』