モスクワは日本を、ウクライナのアゾフ大隊をテロリストから外したネオナチ共犯者だと非難

モスクワは日本を、ウクライナのアゾフ大隊をテロリストから外したネオナチ共犯者だと非難
https://sputniknews.com/20220413/moscow-dubs-japan-a-neo-nazi-accomplice-for-dropping-ukraines-azov-battalion-from-terror-list-1094739470.html

『15:01 GMT 13.04.2022 (更新日: 16:14 GMT 13.04.2022)
(※ 翻訳は、Google翻訳)

ロシアは、アゾフ民族主義大隊が、ウクライナと、2014年以来活動しているドネツクとルガンスク人民共和国(DPRとLPR)で多数の戦争犯罪を犯したと非難した。

ロシア外務省は、ウクライナのアゾフを投下した日本の決定を非難した。民族主義大隊テロ組織のリストから、これは東京をネオナチグループの共犯者としてマークすると述べた。

「残念なことに、日本政府が非人道的な政権の側に立ったのは、日本の歴史上初めてではない」と外務省のマリア・ザハロワ報道官は述べた。

同省はさらに、そのような措置は日本自身の安全を損なうと主張した。ザハロワ氏は、日本国民が少し前に世界中でテロ攻撃を受けたことを想起し、ロシアがそのような事件の解決に積極的に支援したと指摘した。

日本の国防省は先に、キエフのドネツクとルガンスク人民共和国(DPRとLPR)に対するキャンペーン中に戦争犯罪を犯して繰り返し逮捕されたアゾフ民族主義大隊を含むウクライナ軍へのさらなる援助を送ることを検討すると述べた。

日本の公安情報院(PSIA)は、アゾフ民族主義大隊を2021年の国際テロリズムハンドブックから削除し、ネオナチ組織としてフラグが立てられた、と4月9日に述べた。この組織は、さまざまなオープンソースから情報が収集されたため、誤ってハンドブックに含まれていたと主張しました。

「これは独立した評価ではなく、当局がアゾフ大隊をネオナチ組織として認識したことを意味するものではない」とPSIAは述べた。

PSIAは、その理由について詳述しなかった。アゾフを考慮しないそのメンバーは、ヴォルフスエンジェルのようなナチス関連のレガリアを着ているのが目撃されているだけでなく、他のテログループと一緒に言及されるに値するネオナチ組織として、戦争犯罪を犯して逮捕されました。

ロシア国防省は、この大隊のメンバーが、ウクライナの都市で民間人を人間の盾として利用し、とりわけ、ウクライナでのロシアの特殊作戦中に戦争犯罪を犯したと認定していると繰り返し非難している。

何があっても連絡を取り合いましょう!すべての最新ニュースを取得するために私たちの電報チャンネルに従ってください:https://t.me/sputniknewsus』