プーチンロシアの黒幕アレクサンドル・ドゥーギン

北の国から猫と二人で想う事 livedoor版:プーチンロシアの黒幕アレクサンドル・ドゥーギン
https://nappi11.livedoor.blog/archives/5334204.html

『ロシアの超国家主義哲学者として知られるアレクサンドル・ドゥーギンAleksandr Dugin a well known Russian ultranationalist philosopher氏が、ロシア軍のキエフ撤退は「一時的な状況」であると述べたという。

ドゥギンは、ロシアのキエフからの撤退は、新しく任命されたアレクサンドル・ドボルニコフ司令官newly-appointed commander Alexandr Dvornikov.の下で軍を再編成するための「純粋に戦術的なもの」であると主張した。

ロシアは先に、首都キエフ capital Kyivのウクライナ軍による激しい抵抗の中、ウクライナ東部のドンバス地域Donbas regionに軍を集中させると発表していた。しかし、ロシアは、ウクライナがロシア本土を攻撃した場合、キエフへの攻撃をエスカレートさせると脅している。

FireShot Webpage Screenshot #1312 – ‘Is this Putin’s utopia_アレクサンドル・ドゥーギンとは?:アレクサンドル・ドゥーギンは、ロシアの指導者に影響を与えたとされ、「プーチンの頭脳”Putin’s brain”」と広く信じられている。

ロシアの大学で教鞭をとり、地元のテレビにもしばしば出演している。この極端なロシア民族主義者の指導者the extreme Russian nationalist leaderが、長年にわたってクレムリンの政策に影響 Kremlin’s policies over the years.を及ぼしてきたと報道されている。

EEuu4ドゥギンは、ロシアの反ヨーロッパ的なユーラシア運動Russia’s anti-European Eurasian movementの創始者と言われ、2014年、ロシアがクリミアを併合した際、プーチンにウクライナ東部への介入を促したと伝えられている。参照英文記事

米国によるドゥギンへの制裁:アメリカは2014年のクリミア紛争後、バラク・オバマ大統領時代に他のウクライナ分離主義者 Ukrainian separatistsを含め、2015年にロシア人思想家への制裁を課していた。

0_Young-members-0_A-youth-in-a-Eurasian米国財務省によると、”ドゥギンは、自称ドネツク人民共和国self-proclaimed Donetsk People’s Republicのために戦うために、軍事・戦闘経験のある個人を積極的に募集した「ユーラシア青年同盟Eurasian Youth Union」:右 のリーダーだった “という。

FireShot Webpage Screenshot #1311 – ‘Geopolitica米国は、このロシアの超国家主義者が「ジオポリティカGeopolitica」と呼ばれるウェブサイトを運営し、西側に対する「偽情報とプロパガンダ “disinformation and propaganda” 」を流していると報じている。

米財務省は、ジオポリティカがロシアのウクライナ侵攻の数日前に、米国とNATOがロシアとの「戦争を挑発」していると非難する記事を掲載したと発表した。米国は、この記事は「あらゆる悪意ある方法で米国民をさらに恐怖に陥れる」ことを意図していると述べた。
ドゥギンの娘のダリヤ・アレクサンドロヴナ・ドゥギナDugin’s daughter, Darya Aleksandrovnaもまた、アメリカから制裁を受けている。

ダリヤは『ユナイテッド・ワールド・インターナショナル United World Internationa』の編集者である。米国財務省は、彼女が自分のウェブサイトに反ウクライナの記事を書く寄稿者を求めていたと述べた。英文元記事
FireShot Webpage Screenshot #1313 – ‘_

、、、、まるでヒトラーユーゲントのような「ユーラシア青年同盟」はよく知られているが、現代版ラスプーチン、アレクサンドル・ドゥーギンに関して日本語の記事を目にした記憶はない。見えてくるのはソ連の大国主義の復活というプーチンのユートピアだ。 

参考:Is this Putin’s utopia? 映像記事 英文記事:The return of utopia to power: The turning point of Putin’s regime 』