中国・西安、全市民1300万人に移動制限 コロナ拡大で

中国・西安、全市民1300万人に移動制限 コロナ拡大で
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGM15EBE0V10C22A4000000/

『【大連=渡辺伸】中国中部の陝西省西安市は15日、新型コロナウイルスの拡大を受けて、約1300万人いる全住民の移動を厳しく制限すると発表した。

実施期間は16~19日。高水準の新規感染が続く上海市でも一部地域で都市封鎖が続いており、中国では厳しい対策が主要都市に広がっている。

西安市が導入する対策では、企業に在宅勤務を推奨する。スーパーやコンビニエンスストア、病院など生活に必要な施設は通常通りの営業を認める。同市には韓国のサムスン電子や電気自動車(EV)中国大手の比亜迪(BYD)が工場を構えている。

屋外の活動はマンションや団地の敷地内のみに制限し、不要な外出をしないよう求める。
やむをえず敷地を出入りする場合には登録が必要となる。大型商業施設やカラオケ、銭湯、ジムや映画館などの営業を一時停止する。飲食店は持ち帰り・出前のみを許可する。

2021年12月23日から1カ月間、事実上の都市封鎖を実施したが、感染拡大を受けて、再び対策の強化を余儀なくされた。

香港・マカオを除く中国本土の市中感染者(無症状含む)は5日以降、毎日2万人以上と、高水準で推移している。

上海市のほか、東北部や南部など広範囲で感染が広がっている。中国政府は隔離やPCR検査を駆使する「ゼロコロナ政策」を継続しているが、その有効性に陰りが見える。

【関連記事】上海封鎖、細る供給網 アップル取引先の工場停止 』