ロシア黒海艦隊旗艦「モスクワ」沈没 ウクライナが攻撃か

ロシア黒海艦隊旗艦「モスクワ」沈没 ウクライナが攻撃か
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN14ECI0U2A410C2000000/

『【ワシントン=中村亮、イスタンブール=木寺もも子】ロシア国防省は14日、ロシアの黒海艦隊の巡洋艦「モスクワ」が沈没したと発表した。タス通信が報じた。米国防総省高官は大規模な火災があったと分析し、ウクライナ軍がミサイル攻撃を実行した可能性を排除しないとした。

【関連記事】
・プーチン氏、エネルギー輸出先の多様化指示 欧米以外に
・米欧、ウクライナに追加軍事支援 ロシアの東部攻撃備え

ロシア国防省は声明で「モスクワを目的地の港湾へけん引していたところ、弾薬の爆発で起きた火災による船体の損傷で船が安定性を失った」と説明。天候が悪かったこともあり、モスクワが沈没したと明らかにした。約500人みられる乗組員は別の艦船に避難していたという。

ロシアの発表に先立ち、米国防総省高官は記者団に対し、ウクライナ南部の港湾都市オデッサの海岸から約110キロメートルの黒海上を航行していたモスクワで火災が発生したと明らかにした。火災が起きた海域から東に進んだといい、ウクライナ領クリミア半島のセバストポリにある海軍基地を目指していると分析した。

モスクワは黒海艦隊の旗艦で、強さの象徴とみられていた。沈没はウクライナ侵攻で誤算を重ねるロシア軍の状況を映し、ロシア軍の士気の低下につながる可能性もある。最近の戦艦沈没では、英国の潜水艦が1982年のフォークランド紛争でアルゼンチンの巡洋艦「ヘネラル・ベルグラノ」を撃沈した例がある。

ロシア黒海艦隊の巡洋艦「モスクワ」(写真は2008年9月)=AP

国防総省高官は火災の原因について複数のシナリオをあげた。一つはウクライナ軍が国産の対艦ミサイル「ネプチューン」で攻撃した可能性だ。ネプチューンの射程は300キロメートル程度とされ、高官は「(モスクワは)射程外にいなかった」と語った。

高官によるとモスクワでの火災後、オデッサに近い黒海の北側で活動をしていたロシア軍の艦艇4~5隻がすべて南下し、少なくともオデッサの海岸から約140キロメートル離れた位置に移動した。ネプチューンの射程に入っているため海岸から離れていっている可能性がある。

ウクライナ側はネプチューン2発でモスクワを攻撃したと主張している。事実であればロシア軍によるオデッサへの上陸作戦がさらに遠のく公算が大きい。ロシア軍がウクライナ軍のミサイルの能力を過小評価していた可能性も出てくる。

高官は「とくに防空を目的とした水上戦闘艦の場合には火災のリスクや爆発の可能性はある」とも強調し、事故の可能性も排除しなかった。「結論を出す前に慎重になる必要がある」と語り、情報を精査する考えを示した。

一方、ロシアの捜査当局は14日、西部ブリャンスク州の住宅がウクライナ軍の攻撃を受け、幼児を含む7人が負傷したと主張した。声明によると実行越境した越境したウクライナ軍のヘリコプター2機で、少なくとも6度にわたり「意図的」に住宅を攻撃したとしている。インタファクス通信が伝えた。

ロシア西部ベルゴロド州の知事も14日、ウクライナ軍の攻撃を受けたとSNS(交流サイト)のテレグラムに投稿した。被害は出ていないという。同州は1日にも燃料貯蔵施設が攻撃を受けたとしている。

ウクライナ側は越境攻撃についてコメントしていない。真偽は不明だが、両国間の戦闘激化につながる恐れがある。

【関連記事】
・ロシア外交官、米欧日が400人超追放 報復の応酬懸念
・世界バレー男子、ポーランド開催へ ロシア開催中止で
・ロシア株「危うい」小康状態 海外勢排除や空売り禁止

多様な観点からニュースを考える

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

竹内薫のアバター
竹内薫
サイエンスライター
コメントメニュー

別の視点

攻撃されていないのに火災が発生し、天候が悪かったから旗艦が沈没した可能性もゼロではないのでしょうが、ロシア側の発表は嘘が多すぎて、もはや誰も信じないでしょう。

ウクライナのミサイル攻撃だとすると、今後、ロシアの艦船は安易にオデーサに近づけなくなるので、大きな戦果だと思います。

2022年4月15日 7:34

上野泰也のアバター
上野泰也
みずほ証券 チーフマーケットエコノミスト
コメントメニュー

ひとこと解説

ウクライナ軍の対艦ミサイル「ネプチューン」2発による攻撃が原因なのかどうかは記事にある通りまだ確定していないものの、ロシア黒海艦隊の旗艦「モスクワ」が戦争をしている最中に沈没というのは、ロシア海軍やプーチン大統領にとって、メンツ丸つぶれの出来事と言える。

沈没艦の艦名はロシアの首都名である。仮にウクライナ軍のミサイル「ネプチューン」の威力が想定以上のものなのだとすれば、ウクライナ南部から海兵隊などを上陸させて陸軍による東部での大攻勢を支援する作戦が展開しにくくなってしまう。

ロシアの国防省はこの一件の原因を今後どのように説明するのか、ロシアのメディアがこの事件をどのように報じるのかに、興味がわく。

2022年4月15日 7:30 』