アメリカ海軍の巡航ミサイル原潜ジョージアがジブラルタルに到着

アメリカ海軍の巡航ミサイル原潜ジョージアがジブラルタルに到着。
https://twitter.com/rockfish31/status/1514261929069477894?cxt=HHwWjICssfPM3oMqAAAA

 ※ こりゃもう、「核戦争」に備えた動きとしか、思えんな…。

『US Navy Ohio class SSGN arriving in Gibraltar this afternoon #usnavy #submarine #shipsinpics #Ships #shipping #shipspotting @Usnavyeurope 』

『数日前にはギリシャ近海に居たので、本国に帰るのでは。』

 ※ ちなみに、「ジブラルタル」は、領土的には、

『ジブラルタル(Gibraltar)は、イベリア半島の南東端に突き出した小半島を占めるイギリスの海外領土。』

『半島は8世紀よりムーア人、レコンキスタ後はカスティーリャ王国、16世紀よりスペイン、18世紀よりイギリスの占領下にあるが、その領有権を巡り今もイギリスとスペインの間に争いがある。』というような状態だ…。

『ジブラルタル海峡を望む良港を持つため、地中海の出入口を抑える戦略的要衝の地、すなわち「地中海の鍵[1]」として軍事上・海上交通上、重要視されてきた[2]。現在もイギリス軍が駐屯する。

半島の大半を占める特徴的な岩山(ザ・ロック)は、古代より西への航海の果てにある「ヘラクレスの柱」の一つとして知られてきた。半島は8世紀よりムーア人、レコンキスタ後はカスティーリャ王国、16世紀よりスペイン、18世紀よりイギリスの占領下にあるが、その領有権を巡り今もイギリスとスペインの間に争いがある。

地名の由来は、ジブラルタル海峡を渡ってイベリア半島を征服したウマイヤ朝の将軍であるターリク・イブン・ズィヤードにちなんでおり、アラビア語で「ターリクの山」を意味するジャバル・ターリク(Jabal ??riq、阿: ??? ?????)が転訛したものである。なお、ジブラルタルの英語での発音は「ジブロールタ(ァ)」[d?i?br??lt?(r)]、スペイン語での発音は「ヒブラルタル」[xiβ?al?ta?][3]に近い。 』

 ジブラルタル
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%AB%E3%82%BF%E3%83%AB 

 ※ WEATHER REPORTのアルバムで、「BLACK MARKET」というのがある…。それに「GIBRALTAR」という曲が収録されている…。

 ※ 静かな前奏から、いきなり爆発的な曲調になる曲だ…。

 ※ 「グッと来るぜ…。」とか思って、夢中になって聴いていた…。

 ※ あの頃が、ノンビリしていて、一番平和だったな(LPレコードの時代)…。

 ※ まさか、年金もらうような年(とし)になって、こうも世界情勢がキナ臭く、風雲急を告げるようになるとは、思わんかったよ…。

※ セントヘレナ島と、フォークランド諸島の位置を、初めて知った…。