米大統領、ロシア産エネルギー輸入増反対 インド首相に

米大統領、ロシア産エネルギー輸入増反対 インド首相に
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN11CQY0R10C22A4000000/

 ※ 『米ホワイトハウスのサキ大統領報道官は11日の記者会見で、バイデン氏がモディ氏に「ロシアからの石油輸入を増やすことはインドの利益にならない」と伝達したと明らかにした。

サキ氏によると、インドの原油輸入に占める割合は米国産が10%、ロシア産が1~2%ほど。バイデン氏は米欧による対ロシア制裁の影響を説明し「インドの石油輸入の多様化を喜んで支援する」と明言した。』…。

 ※ 『米ホワイトハウスは11日、米印首脳によるオンライン協議後に声明を発表した。技術・軍事協力や経済・人的交流の拡大などで両国関係を強化すると確認した。中国に対抗するため、自由で開かれたインド太平洋の実現に向けた協力を継続すると申し合わせた。地域の全ての国の主権と領土の一体性を尊重することでも合意した。

米国とインドは11日、ワシントンで外務・防衛担当閣僚協議(2プラス2)を対面で開く。両国の防衛協力を強化し、米国は歴史的に結びつきが深いインドとロシアとの関係にくさびを打つ狙いだ。』…。

『【ワシントン=坂口幸裕】バイデン米大統領は11日、インドのモディ首相とオンラインで協議した。バイデン氏はインドによるロシア産のエネルギー輸入を増加させることに反対する意向を伝えた。日米豪印の「Quad(クアッド)」の対面による首脳会合を5月24日ごろに日本で開催するとの見通しを示した。

バイデン氏は協議の冒頭、モディ氏に「米国とインドがロシアの戦争による影響をどう管理していくかについて緊密な協議を続けたい」と述べた。「5月24ごろに日本で会うのを楽しみにしている」と表明した。実現すればバイデン氏にとって大統領就任後、初来日になる。

米ホワイトハウスのサキ大統領報道官は11日の記者会見で、バイデン氏がモディ氏に「ロシアからの石油輸入を増やすことはインドの利益にならない」と伝達したと明らかにした。

サキ氏によると、インドの原油輸入に占める割合は米国産が10%、ロシア産が1~2%ほど。バイデン氏は米欧による対ロシア制裁の影響を説明し「インドの石油輸入の多様化を喜んで支援する」と明言した。

米欧はウクライナに侵攻したロシアへの制裁の一環としてエネルギー輸入を大幅に減らす方針を打ち出し、ロシアはインドに低価格で原油を購入するよう打診した。ロイター通信によると、2月末のウクライナ侵攻以降、インドは少なくとも1300万バレルの原油を購入。価格引き下げを受けて輸入量を増やしたもようだ。

モディ氏はウクライナの首都キーフ(キエフ)近郊のブチャなどで多数の市民がロシア軍に殺害されたことに触れ「憂慮している」と話した。「この殺害を非難し、独立した調査を要求している」と強調した。

ロシアのプーチン大統領、ウクライナのゼレンスキー大統領と個別に電話した際に、両大統領が直接会談するよう提案したと明らかにした。「現在のロシアとウクライナによる話し合いが和平につながると期待する」と訴えた。

米ホワイトハウスは11日、米印首脳によるオンライン協議後に声明を発表した。技術・軍事協力や経済・人的交流の拡大などで両国関係を強化すると確認した。中国に対抗するため、自由で開かれたインド太平洋の実現に向けた協力を継続すると申し合わせた。地域の全ての国の主権と領土の一体性を尊重することでも合意した。

米国とインドは11日、ワシントンで外務・防衛担当閣僚協議(2プラス2)を対面で開く。両国の防衛協力を強化し、米国は歴史的に結びつきが深いインドとロシアとの関係にくさびを打つ狙いだ。

【関連記事】クアッド首脳会合、5月24日ごろ バイデン氏初来日へ

この記事の英文をNikkei Asiaで読む
Nikkei Asia https://asia.nikkei.com/Politics/International-relations/Biden-to-Modi-Importing-more-Russian-oil-not-in-India-s-interest?n_cid=DSBNNAR 』