詐欺の技術、SNSで売買 中国から日本を標的か

詐欺の技術、SNSで売買 中国から日本を標的か
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUE051KV0V01C21A2000000/

 ※ オレのところのメールも、9割は「詐欺メール」だ…。

 ※ その中から、「本物」を拾いだして、「分類フォルダ」に「振り分け」する設定にしてある…。

 ※ そうすると、その「本物メール」が、どのフォルダに入ったのか分からなくなったりするんだよ…。

 ※ 昨日も、ある業者さんから、「メール送ったんですが?」「いや、ちょっと見当たらないですね。」というやり取りを、4回も「電話で」行った…。

 ※ 昨今は、「届け出事項」の変更なんかは、全て「オンラインで」行うような流れになっている。

 ※ 「メールのリンクを、たどってくださいね。なお、有効期間は24時間以内です。」とかおっしゃるんだが、その「メール」が探せないのでは、「お手上げ」だ…。

 ※ しかも、プロバイダーの会社自体も、「合併・分離」されるから、強制的に「アドレス」が変更されたりする…。

 ※ そうすると、その「届け出アドレス」の「変更手続き」を、強いられるのは、こっち…、と言うことになる…。

 ※ そういうことで、人生削られて行くんだよ…。

 ※ ヤレヤレだ…。

『偽サイトなどで個人情報を盗む「フィッシング詐欺」の深刻化が止まらない。2021年は確認件数が52万件と最多になり、標的となるクレジットカードの不正利用被害も過去最悪を更新した。背景に、日本人の個人情報から詐欺の技術までを手軽な金額で売買している中国語のSNS(交流サイト)がある。

「今からアカウントに侵入してみせます」。匿名性の高い対話アプリ「テレグラム」のあるチャットグループに投稿された動画をパソコンで再生すると、中国語で解説が始まった。

画面には日本のクレジットカード会社のログインページが表示され、フィッシングで盗まれたとみられる日本人大学生の名前やログインID、パスワードも映る。

投稿者は、発信元となるIPアドレスを偽装するソフトの使い方を紹介した後、大学生のアカウントに不正ログイン。「本人に利用通知が届かないように」などと説明しながら、メールアドレスや電話番号といった登録情報を瞬く間に変更した。
中国語のSNSで日本人を狙ったフィッシングの情報がやり取りされている=一部画像処理しています

最後にカードの利用上限額を勝手に引き上げたうえで、ショッピングサイトでボールペン1本(990円)を購入してみせた。

ネットバンキングの偽サイトを作る方法、不正の発覚の逃れ方――。テレグラムではこうしたフィッシングに関わるチャットが乱立している。調査するKesagataMe氏(ハンドルネーム)によると、100以上の中国語のチャットグループが確認でき「手軽に情報や盗む技術を入手できるマーケットが形成されている」。

通常、チャット内に金額の記載はない。セキュリティー事業を手がけるマクニカの協力を得てチャット管理者のひとりに聞くと、フィッシングに使うSMS(ショートメッセージサービス)を不特定多数に送る技術は「24時間あたり50元(約970円)で提供する」と中国語で回答があった。

偽サイトを作るためのソースコード(プログラム)は「1000元(約2万円)」程度とみられる。

匿名性の高い闇サイト群「ダークウェブ」などと異なり、誰でも参加できるSNSで、手軽な金額で技術や知識が手に入る。閲覧者が3万人規模のグループもあり、ターゲットの日本人のクレジットカードや銀行口座の情報が飛び交う。

国内の被害は拡大の一途だ。監視団体のフィッシング対策協議会(東京・中央)によると、21年の国内の報告件数は52万6504件と、過去最多だった20年(22万4676件)の2倍を超えた。

日本クレジット協会(同)によると、21年のクレジットカードの不正利用被害額は330億円。20年比で3割増え、調査を始めた1997年以降で最悪となった。フィッシングの深刻化が被害額を押し上げている。

なぜ日本が狙われるのか。捜査関係者は発信元などから中国を拠点とする犯罪グループが関与しているとみる。「日本は地理的に近く、盗んだ情報で不正に買い物をする場合、受け取り役も募集しやすい」という。

被害の根絶が難しい中、マクニカの鈴木一実氏は「まずは自衛策が欠かせない」と訴える。▽スマホに届いたSMSのサイトに安易にアクセスしない▽サイト運営者は不正ログインの検知精度を高める▽通信事業者はSMSの悪用を防ぐ技術や対策の導入を進める――など多方面で危機意識を共有する必要があると話す。

(柏木凌真、大倉寛人)

犯罪組織、進む分業 「受け子」リスト化し共有か

中国語のSNSでは、盗んだ情報をもとにネットで不正購入された商品を受け取り、転送する「受け子」の名前や住所もやり取りされている。

あるチャットグループには日本全国の住所リストが掲載され、受け子とみられる日本人や中国人の名前が並んでいた。ホワイトハッカーのCheena氏(ハンドルネーム)は「更新頻度が高く、日本国内に受け取り役を準備するブローカーや換金を担う業者がいる可能性が高い」と分析する。

警視庁が3月、詐欺の疑いで逮捕した中国人留学生2人は、何者かがフィッシングで購入したゲーム機などを受け取り、指示されたマンションに転送していた。調べに「中国の対話アプリ上の受け子バイトを募る広告がきっかけだった」と供述した。

犯罪グループはこうして集めた受け子をリスト化し共有しているとみられる。

こうした犯罪は指示役などグループの上位者が特定されることはほとんどない。捜査関係者は「指示役や換金役、受け子など犯罪組織は何層にも折り重なる複雑な構造で、全容解明は至難の業だ」と漏らす。犯罪の分業化が進み、捜査が追いついていない。』