「人種隔離から最高裁へ」 黒人女性初のジャクソン氏

「人種隔離から最高裁へ」 黒人女性初のジャクソン氏
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN08E3N0Y2A400C2000000/

『【ワシントン=芦塚智子】米議会上院が連邦最高裁判事に承認したケタンジ・ブラウン・ジャクソン氏(51)は8日、ホワイトハウスで演説し「黒人女性が最高裁判事に選ばれるまで232年を要した。私たちは皆でそれを成し遂げた」と、黒人女性初の最高裁判事となる歴史的な意義を強調した。ジャクソン氏を指名したバイデン大統領も「米国史の真の変化の瞬間として振り返ることになる」と述べた。

ジャクソン氏は、両親が人種別に隔離された学校に通いながら家族で初めて大学に入ったことを紹介し「私の家族は一世代で人種隔離から最高裁に達した」と指摘。「私の子どもたちは、ここ米国ではどんなことも可能だと、これまでになく感じている」と、時折涙を拭いながら語った。

バイデン氏は、ジャクソン氏が指名承認公聴会で共和党議員の攻撃を受けても品位と忍耐を保ったと称賛。「米国の姿を反映した裁判所が必要だ」と述べ、連邦判事に黒人女性を積極的に起用していることをアピールした。

ジャクソン氏は、7月初めまでに引退するブライヤー判事の後任となる。』