これが韓国の「ウリとナム」です

“大統領選挙で負けたイ・ジェミョン、夫人による公金私的流用に警察が強制捜査開始……これが韓国の「ウリとナム」です”
https://rakukan.net/article/486298038.html

『警察、キム・ヘギョン「法人カード疑惑」関連京畿道庁押収捜索(聯合ニュース・朝鮮語)

共に民主党イ・ジェミョン前大統領候補の配偶者キム・ヘギョン氏の「法人カード流用疑惑」を捜査してきた警察が4日、京畿道庁に対して押収調査に入った。

警察が京畿道庁から告発状を受けてから10日ぶりに強制捜査に転換し、捜査が急流に乗っている。

京畿南部警察庁反腐敗捜査界はこの日午前10時20分、総務課、義務室、調査担当官室など京畿道庁内の事務所の多くの場所に捜査官を投入して押収捜索を行っている。

警察は今回の押収捜索を通じてキム氏が京畿道法人カードを私的に流用したかなど、政党や市民団体などが提起した疑惑全般について事実関係を確認する方針だ。 (中略)

資料を渡されて分析してきた警察が京畿道庁告発受付日から正確に10日を経て道庁を電撃押収捜索しながらキム氏召喚調査も視野に入ったのではないかという観測が出ている。
(引用ここまで)

 大統領選挙に1%未満の僅差とはいえども破れ、「水に落ちた犬」となったイ・ジェミョンに 対しての報復とも思える作業がはじまりました。

 京畿道の知事時代に夫人が好き勝手に法人カードを使っていたとされる事件について、警察が強制捜査を行い、資料を押収したとのこと。

 これ、別にユン・ソギョルやその陣営がそう命じたわけではないのです。

 警察が「ユン陣営のウリ(我々の意。この場合は仲間というような意味合い)となるべく忖度している」 のですね。

 政敵や対立する(していた)人々を吊すために懸命になっているのです。
 そうして覚えをよくすることで、ウリとなっておこぼれがもらえるようになるわけです。

 逆に反抗するような態度を見せるとナム(他人)と認定され、利益を共有してもらえなくなる。

 どちらかというと、このナム扱いに陥ることを恐れているほうが大きいですかね。
 楽韓さんは「ウリ」を利益共有団体であるとしています。
 この場合の利益とはお金だけではなく、情報やさまざまな融通等にまで及びます。

 たとえば韓国では「偽証が日本の671倍もある」という数字があります。
 これは「ウリ同士は偽証をしてでも守る」という暗黙のルールに基づいて韓国人が行動しているからといえます。

 詐欺発生件数が世界一なのも同様です。

 ウリ以外の相手にはなにをしてもかまわない、という文化的風土がこの結果となっているのです。

 「ウリとナム」を理解することこそが韓国を理解する第一歩とされますが、こうしたニュースからもそうした部分を感じられるからこそといえるでしょうね。

 この構造を壊すことができなければ韓国というものは変わらないのです。』