パキスタン、総選挙へ カーン首相が議会解散要請

パキスタン、総選挙へ カーン首相が議会解散要請
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOCB032DH0T00C22A4000000/

『【ニューデリー=馬場燃】パキスタンのカーン首相は3日、国民向けにテレビ演説し、「下院を解散して総選挙の準備に入るようアルビ大統領に伝えた」と述べた。アルビ大統領はこれを受けて議会を解散したと表明した。カーン氏は経済低迷などを背景に、野党勢力から不信任案を突きつけられていた。パキスタンは3カ月以内に新しい首相を決めるための選挙を実施する可能性が高くなった。

パキスタンでは下院が首相を選出する。下院は同日、カーン氏に対する不信任案の投票を予定していたが、議会運営にあたった副議長が「国益に反する」との理由から却下した。
カーン氏が率いる与党パキスタン正義運動(PTI)は下院(定数342)の第1党だが、不信任案の投票では野党勢力が過半数(172議席)を得るとの見方が強まっていた。野党側は議会解散の決定の無効化を求めて最高裁判所に提訴する構えを示している。』