米、ロシア・ベラルーシの120団体に輸出規制

米、ロシア・ベラルーシの120団体に輸出規制
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN020A40S2A400C2000000/

『【ワシントン=鳳山太成】米商務省は1日、ロシアとベラルーシの企業や研究所など計120団体に輸出規制を発動すると発表した。ウクライナ侵攻に必要な軍事品の調達などに関与したため、追加で経済制裁を科す。

電子部品や造船、コンピューター、ミサイルなどの生産や開発に携わる企業を「エンティティー・リスト(EL)」に追加した。ロシアが96団体、ベラルーシが24団体。米国製品の輸出を事実上禁じる。

制裁対象の企業は軍事品を製造していたり、ロシア軍の能力向上のために必要なハイテク製品を調達したりしている。ウクライナへの侵攻を続けるロシア軍に打撃を与える狙いだ。

レモンド商務長官は声明で「(今回の追加制裁により)さらにロシア経済を孤立させる」と述べた。

バイデン政権は日本や欧州連合(EU)と協調してロシアへのハイテク製品の輸出を禁じる制裁を科した。追加制裁でプーチン政権への圧力を一段と強める。

【関連記事】米欧日、ロシア財閥に包囲網 プーチン体制弱体化狙う

春割ですべての記事が読み放題
今なら初回2カ月無料!
https://www.nikkei.com/promotion/?ak=https%3A%2F%2Fwww.nikkei.com%2Farticle%2FDGXZQOGN020A40S2A400C2000000&n_cid=DSPRM1AR08 』