ロシアの諜報機関のFSB分析官が書いた6番目の内部告発レポート

【ロシア:日本語訳②】ロシアの諜報機関のFSB分析官が書いた6番目の内部告発レポート 3/13
https://www.newshonyaku.com/23378/

 ※ このサイトから、元記事に飛んだ…。

プーチンは、彼の脅威に直面して西側が瞬きすることを期待している-FSB内の変化の風からの6番目の手紙
https://www-igorsushko-com.translate.goog/2022/03/putin-expects-west-to-blink-in-face-of.html?_x_tr_sch=http&_x_tr_sl=auto&_x_tr_tl=ja&_x_tr_hl=ja&_x_tr_pto=op

 ※ 「何を、言っているんだ、あんたは?」というような内容だ…。

 ※ 「事実」は、全く違った推移をたどっていることは、ご存知の通り…。

 ※ 何か、「西側経済の崩壊」というものを「人質」に取るようなことが、語られている…。

『(※ 翻訳は、Google翻訳)

FSB内の#WindofChangeからVladimirOsechkinへのシリーズの6番目の#FSBlettersの私の翻訳。3月13日書かれました。今後数日間でプーチンに何を期待するかについての非常に時間に敏感な情報。テキストは1500語以上です。

いつものように、明確にするための私のコメントは括弧内にあります。だから、転がしてみましょう:

「第三次世界大戦が始まったようです。私たちの連中はシャンパンを開いています-イランと米国の間の戦争は核取引を混乱させ、ロシアの石油をイランの石油に置き換える能力を妨げます。ホルムズ海峡の必然的な閉鎖は、石油の価格を高騰させるでしょう。イランがなぜ自分自身を足で撃つことを選んだのか私にはわかりません。(ロシアとイランの間で)ある種の一般的に理解できない協定の存在を信じることさえできますが、これを裏付ける事実は1つもありません。

今日、私はロシアの差し迫った「出口」についての情報を私たちの目(組織としてのFSB、個別に#WindofChangeではない)とクレムリンの「廷臣」を通して伝えたいと思います。(王の下の宮廷への言及)

これは(実際の概要の)「コピー」ではなく、非常に正確な再告知であるため、編集なしの完全な公開を含め、必要に応じてこれを行うことができます。

現在、概要のみがあり、作業が始まったばかりであるため、最終報告書ははるかにボリュームがあり、詳細で、より具体的になります。その後、私は現在イラン系アメリカ人の紛争の状況に夢中になっているので、(この新しい計画について)私自身の意見を提供しようと思います。「ゴルディアスの結び目」は間違いなく真剣に改訂/適応されるでしょう(イランがイラクの米軍基地でミサイルを発射したため)。

ゴルディアンノット作戦

第1段階:おそらく、コナシェンコフ (少将、ロシア国防省の主任スポークスマン)は、ブリーフィングで、ヨーロッパと「集団西側」がウクライナの武器との紛争に介入することによってロシアとの戦争を宣言したことを公式に宣言します。傭兵、同時に経済面でロシアを攻撃している(制裁)。戦場での軍事作戦には戦争が含まれていないという拡張講義がありますが、それは敵に直接的な損害を与えることを目的とした一連の攻撃的な行動を含みます。西側の行動が事実上世界大戦を解き放ったこと。この戦争がミサイルと戦車の「ホットステージ」にまだ移行していないのは、最高司令官であるプーチンがそのような命令を出さなかったからです。 それにもかかわらず、コナシェンコフは第三次世界大戦が始まったと宣言します。

第2段階:反応の評価(西側による)? 1?2日。

第3段階:プーチンがスピーチをします。この長い講義で、彼は現代世界が以前のようではなく、戦争にはサイバー攻撃、生物攻撃の準備、直接攻撃、テロリストと妨害工作員の訓練、そして経済に壊滅的な制裁を課すことを含むと宣言します。

彼は[伝えられるところでは]戦争を望んでいないが、西側はすでに(ロシアに対して)戦争を始めている。結果として、(ロシアの)対応は対称的である必要はなく、軍事的対立で利用可能なあらゆる手段であらゆる侵略行為に対応することができます。

「私はウクライナに警告したが、誰も聞いていなかった」(プーチンのメッセージ)。 ロシアは、その言葉(脅威)が空ではないことを示しました。プーチン大統領は、西側諸国がすでに行ったことに同意する(許す)準備ができていると宣言するが、制裁が24時間以内に解除された場合にのみ、ウクライナへのすべての支援は停止され、NATOは拡大しないことを保証する。

(それでもプーチンの今後の演説)そうでなければ、ロシアは戦争を受け入れ、利用可能なあらゆる手段で対応するしかないでしょう。

第4段階:激しい交渉プロセス(ロシアと西側の間)?最初の数時間で、プーチンは(西側との)通信に著しく利用できなくなります。他の国の大統領は、プーチンの補佐官と問題について話し合う義務があります?「またはまったく」。

プーチンの実証的な私的電話は、ロシアが賭けている国々の指導者から始まります:セルビア、ハンガリー、中国、アラブ世界、アフリカ諸国、アジア諸国。

西側が挑戦に対応する準備ができている状況を評価することで、政治的影響力のあるエージェントが活性化されます。

彼らは「ロシアのただの要求を即座に満たし、世界を新たな戦争に引きずり込まない」と呼びかけるだろう。ここでの課題は、「戦争は西側によって解き放たれたが、ロシアは答えられない」というメッセージを迅速に広めることである。

ステージ5:次の24時間の状況の評価に基づいて、次のオプションが可能です。

  1. 1)西が点滅し、地元の譲歩をする準備ができています。この場合、次の立場が表明されます。「聞いたことがあります。前向きなシグナルがあり、これが最終決定を遅らせる要因であると考えています。」(西側に対する軍事作戦を開始するかどうか)プーチンは交渉プロセスのために数日を取っておき、その後彼は「決定を下す」でしょう。このシナリオでは、西側は拒否から受け入れまでの段階を通過する時間が与えられます。実際に残るのは、(西側から)最大の譲歩を抽出することだけです。これが最も重要であることがわかります。最大の目的は、グローバルな性質の新しい国際条約(ロシアの完全な宥和)

2.2。 2)西側は従わないが、公然と戦争を望んでいない。この場合、「軍事目標」が明確に特定されます。ポーランドとバルト諸国です。さらに、これらの国々の「限定された標的」の特定が可能であり、これらの物体の近くにいないことを民間人に公に訴えています。

この直後に、非常に集中的な形式の交渉が開始され、西側にウクライナへのすべての支援を拒否させ、西側による「ウクライナの平和への強制」の可能性を強制するという主要な目標があります。

戦略的航空と核トライアドが活性化され、これらの国々で飛行禁止区域が宣言される可能性があります(ロシアによる)。成功の可能性(西側からの望ましい譲歩の場合)は、非常に現実的であると見なされます(この時点に到達した場合)。そうでなければ、(ポーランドとバルト諸国に対する)局地的なミサイル攻撃はほとんど避けられないでしょう。

  1. 3)西側諸国はこれに従わず、それに応じて戦争への準備ができていることを示しています。

このシナリオは非常にありそうもないと考えられています。

この場合、サイバー攻撃は西側諸国の主要なインフラストラクチャ施設で開始されます。
ロシアは(核の)トライアドの勢力を積極的に「動かしている」間、直接の責任を負わないだろう。

このような事態の進展により、軍事的方法を用いて対応する西側のリスクはごくわずかであると評価され、ロシアは、完全な経済崩壊のリスクを伴う西側にとって容認できない状況を作り出すために間接戦争を実施する余地を与えています。

この後、交渉は不可避であると見なされ、上記のシナリオ#2になります。と –

  1. 4)可能性は低いが許容できると評価される、明確に調整された信号(西側から)がない場合、(ロシアの)動作は上記のシナリオ#2と同様になります(同様に)。
  2. 5)最終決定が出された後、(プーチンによって)割り当てられた時間内の西側の根本的な崩壊。

「集団安全保障」の拒否:NATO(そしておそらく欧州連合)からのいくつかの国の撤退。
それぞれがロシアに対して攻撃的な行動をとっておらず、起こりうる戦争の一部ではないことをロシアに個別に訴えています。

その後、すべてがデフォルトで上記のシナリオ#1に戻りますが、ロシアの(交渉のための)立場の強さはソ連のそれと同等になります。将来的には、これにより、ロシアはソ連の一部であった多くの国を政治的に支配できるようになります。統合構造としてのNATOは存在しなくなります。

6.6。 6)西側の根本的な崩壊ですが、他の国の穏健な立場から多くの国[ポーランドとバルト諸国]が明確に分離されています。(ここで、#WindofChangeは、NATOがロシアをなだめようとするが、ポーランドとバルト諸国がロシアに立ち向かうことを拒否するシナリオを意味します)

この場合、西側諸国の「親ロシア翼」はこれらの国を非難します(ポーランド/バルト諸国) 「私たちの政府を他人の紛争に引きずり込まないように」という要求とともに紛争を助長すること。

このシナリオでのロシアの目的は、中程度の立場にある西側諸国に最大の圧力をかけ、「侵略者(ポーランド/バルト諸国)を無謀な行動から遠ざける」ことを要求することです。

この状況では、3?7日以内に 中程度の地位にある西側諸国は、根本的に和解できない国(ポーランド/バルト諸国)に対する地元のストライキを受け入れる準備ができており、その後、[軍事目標に対する]ミサイルストライキが彼らに開始されます(ポーランド/バルト諸国)。歩兵の直接侵入は許容できると考えられていますが、ありそうにありません。

上記のすべての(6つの)シナリオでは、これらの仮定は非常に可能性が高いと評価されます。

-アラブ諸国、イラン、中国、一部のアフリカ諸国、そして[おそらく]インドとブラジルは、「相互侵略」の一般的な非難で中立国になるでしょう。

-一部のヨーロッパ諸国は、軍事的対立を支持しないことが保証されています。イタリア、ハンガリー、セルビア、おそらくフランス。

-ロシアを支援し、ロシアを「防衛側」として認識することを目的とした強力な運動が西側諸国内で活性化される。

必ずしもロシアを支持するわけではないが、政府が戦争前の決定を下すのに不可能な環境を作り出すであろう多くの反戦運動。

-世界的な核戦争は起こりません。

-ウクライナの問題は最終的に解決されます?西側によって。

———— 』