米、チャイナユニコムの免許取り消し決定 中国通信大手

米、チャイナユニコムの免許取り消し決定 中国通信大手
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN27FOJ0X20C22A1000000/

『【ワシントン=鳳山太成】米連邦通信委員会(FCC)は27日、中国の国有通信大手、中国聯合網絡通信(チャイナユニコム)の米国事業免許を取り消す方針を決めた。中国政府のスパイ活動に米国の通信インフラが使われるなど、安全保障上の懸念が大きいと判断した。

チャイナユニコムの米子会社に60日以内に米国事業を中止するよう命じる。与野党のFCC委員4人が全会一致で賛成して承認した。同社はクラウドやインターネットなど米国と中国にまたがる国際通信事業を手掛けてきた。

FCCは免許取り消しを決めた理由について「20年前に免許を与えたときから中国に関する安全保障の環境が変わった」と指摘した。中国政府が米国の通信インフラを混乱させてスパイ活動などを手掛ける懸念があると説明した。

FCCは中国の国有通信大手3社への警戒を強めてきた。これまでに中国電信(チャイナテレコム)の免許も取り消しを決めたほか、中国移動(チャイナモバイル)の参入申請を却下している。

【関連記事】

・米、チャイナテレコムの通信免許取り消しへ 安保懸念で
・中国通信3社、増収増益 1~9月 5G伸びる

多様な観点からニュースを考える
※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

柯 隆のアバター
柯 隆
東京財団政策研究所 主席研究員
コメントメニュー

分析・考察専門家の間でも、米中ディカップリングはあり得ないとの指摘があるが、日用品に関して、ディカップリングは当然あり得ない。それは正しい指摘である。

しかし、このニュースにもあるように、national securityにかかわると思われる分野では、ディカップリングがすでに進んでいる。

その背景に、米中の相互不信が極端のレベルにまで達していることがある。それを修復できるかどうか、わからないが、短期的には無理だろう。しかも、双方の努力が求められる
2022年1月28日 16:11いいね
3 』