〔プレート境界での「断層」が原因の津波〕

※ 今回のトンガの海底火山が原因の津波は、よくある「プレート境界での断層」の動きが原因の津波(3.11はこのタイプ)とは、「メカニズム」が違うようだ…。

※ 比較のため、ちょっと画像を収集したんで、貼っておく…。

※ ということで、従来型のプレート境界で起きるものは、プレートの「沈み込み」によって、「陸のプレート」が引きずり込まれ、ひずみが溜まっていく…。

※ しかし、それが「限度を超える」と、耐えきれなくなって、「跳ね上がる」…。

※ その時に、一緒に海中の海水も「持ち上げる」…。

※ それが、伝搬して行って、「巨大津波となる」…、というものだ…。

※ 今回のトンガの海底火山の噴火に伴うものは、これとは「違っている」と考えられている…。