英MI5、中国共産党の政治介入を警告 議員に異例の通達

英MI5、中国共産党の政治介入を警告 議員に異例の通達
中国外務省「007の見過ぎ」
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGR13EI50T10C22A1000000/

『【ロンドン=中島裕介】英国の情報局保安部(MI5)は、対外的な世論工作を担う中国共産党の中央統一戦線工作部(UFWD)と連携する女性が、英国の政治に干渉しているとの異例の警告を英議員に伝えた。MI5は女性が献金などを通じて人権問題などでの中国への批判を和らげるなど、英政界の世論を有利な方向に誘導する活動に関与したとみているもようだ。

日本経済新聞が13日に入手した下院議長からの議員へのメールで明らかになった。議員へのメールによると女性は英中の友好事業などにも携わったクリスティン・リー氏。英BBCは同氏がロンドンなどで法律事務所を経営していると伝えている。

議員に送られたメールの中でMI5は、UFWDについて「政治家や有力者を買収するなどし、中国共産党の意向に沿った言動の強要や中国への批判の封じ込めを図る活動に関与している」と指摘。リー氏は英国の中国人コミュニティーの活性化をうたって政治家に献金しているが、実際は「UFWDの調整のもとに行われている」と分析している。献金の原資は中国や香港在住の外国人が拠出しているという。

さらにMI5は英議員に「リー氏と接触する議員は、同氏が中国政府と連携して同国共産党の方針を推進する任務を担っていることに留意すべきだ」と警告した。英議会下院のホイル議長も同じメールで、リー氏からの接触があれば、議会の保安部門の責任者に連絡するよう要請した。

BBCはこうした警告は異例だとしたうえで「MI5による長期の意義ある調査によるもの」だと報じた。リー氏の献金を受け取った政治家として、野党の労働党や自由民主党の議員の名前が挙がっている。

中国外務省の汪文斌副報道局長は14日、中国共産党の政治介入について「根拠がない」と非難し「(スパイ映画の)007の見過ぎで要らぬ連想をしているのではないか」と皮肉った。

汪氏は記者会見で「中国は他国の内政に干渉しないという原則を守り続けている。臆測に基づく言論は無責任だ」と指摘。「何かの政治目的を果たすために中国脅威論を言い立てるべきではない」と述べた。

在英の中国大使館は「我々は外国の議会で影響力を買う必要はない。英国の中国人コミュニティーへの中傷や脅迫のトリックに強く反対する」と反論している。』

冬季北京五輪への携帯やパソコン持ち込み禁止 オランダ
http://blog.livedoor.jp/nappi11/archives/5311364.html

カナダ情報機関、中国共産党の浸透工作を国会で警告
https://www.epochtimes.jp/p/2022/01/84760.html

「中国などによるスパイ活動で脅威増大」デンマーク情報機関が警告
https://www.epochtimes.jp/p/2022/01/84778.html

毎日新聞が中国共産党政府から広告費として巨額の金を受け取っているのは公然の事実
https://twitter.com/jiroshinbo_tabi/status/1479282917193183232