みずほFG社長に木原氏昇格へ システム障害で体制刷新

みずほFG社長に木原氏昇格へ システム障害で体制刷新
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUB067OC0W2A100C2000000/

『みずほフィナンシャルグループ(FG)は10日、指名委員会を開き、4月1日付での辞任を表明している坂井辰史社長(62)の後任に木原正裕執行役(56)を昇格させる方針を決めた。一連のシステム障害を受けて社外取締役で構成する指名委が人選を進めていた。経営体制を刷新し、システム障害の再発防止と顧客の信頼回復をめざす。

金融庁に再発防止策などを盛り込んだ業務改善計画を提出する17日の取締役会で決議して発表する。木原氏は1989年に旧日本興業銀行に入行。みずほ証券の企画部門などを経験し、直近は投資銀行ビジネスのプロダクツをとりまとめるグローバルプロダクツユニット長を務めている。3メガバンクで初の平成入行のトップになる。木原氏は木原誠二官房副長官の実兄。

みずほ銀行の藤原弘治頭取も4月1日付での引責辞任が決まっており、すでに加藤勝彦副頭取の昇格が内定している。同日付で退任するみずほFGの佐藤康博会長の後任は空席を含めて引き続き検討する。

みずほ銀行では21年2月以降、ATMが止まってキャッシュカードや通帳が吸い込まれたり、手続きができなくなったりするシステム障害が相次いで起きた。利用者に影響が出たトラブルは計9回に及び、11月には金融庁から再発防止や経営責任の明確化を求める業務改善命令を受けた。

また、同年9月の障害時にマネーロンダリング(資金洗浄)対策に必要な手続きを省いて送金していたことが発覚し、財務省から外為法違反で是正措置命令も受けた。当初は坂井社長が続投して再発防止に取り組むとしていたが、度重なる障害を受けて経営体制の刷新が不可欠と判断した。

木原 正裕氏(きはら・まさひろ) 89年(平元年)一橋大法卒、日本興業銀行(現みずほフィナンシャルグループ)入行。みずほ証券財務企画部長、常務執行役員などを経て、21年みずほFG執行役、グローバルプロダクツユニット長。

【関連記事】
・みずほ、新世代に改革託す 社長に平成入行の木原氏
・統治改革に魂は入るか みずほの失敗、人ごとでない
・みずほ、坂井社長・藤原頭取辞任へ システム障害で引責 』