デモ混乱で164人死亡 6000人近く拘束

デモ混乱で164人死亡 6000人近く拘束―カザフ
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022010900252&g=int

『【モスクワ時事】ロシア通信は9日、中央アジアのカザフスタンで起きた反政府デモの混乱に伴う死者数が164人に上ったと報じた。治安部隊とデモ隊の激しい衝突が起きた最大都市アルマトイでは子供2人を含む103人が死亡した。

前治安機関トップを拘束 国家反逆容疑―カザフ

 燃料価格高騰に反発するデモに端を発した混乱は、政府の統制下で市民の不満が抑え込まれてきたカザフでは異例の多数の死者を出す事態となった。これまでに治安当局がデモ参加者の26人を殺害し、治安部隊側も16人が死亡したことが明らかになっていた。
 カザフでは9日、トカエフ大統領や治安機関幹部らが参加する会議が開かれ、全土での「状況の安定」が強調された。カザフ大統領府の発表によると、拘束者は約5800人に達し「かなりの数の外国人が含まれる」という。

 トカエフ政権は、ロシアの支援を受けてデモの武力鎮圧を進めている。9日の会議を通じ、混乱は収束に向かっているとアピールした。ロシア主導の軍事同盟「集団安全保障条約機構(CSTO)」の平和維持部隊が重要施設を警備。治安部隊が「浄化」作戦を継続し、「テロリスト」摘発を行っている。 』