2兆枚の「本物の」偽造コインを個人的に印刷したというニュース

ネチズンは、ミントが2兆枚の「本物の」偽造コインを個人的に印刷したというニュースを伝えましたか?
2021-12-24 21:59:46出典:王川紅葉雨
https://www.163.com/dy/article/GS107F8F0552I9XH.html

 ※ 今日は、こんなところで…。

 ※ スゲーな…。「党委員会のメンバーであり、中国紙幣印刷造幣局の局長」である人物が、2兆枚の偽造紙幣を印刷した…、という話しだ…。

 ※ 当然、すべての「リソース」が、「本物と同じ」であり、クオリティ的には「真札」と区別がつかない…。

 ※ 監察、査察、監視の体制は、どうなっていたのだろうか…。

 ※ むろん、当局は、「すべては、悪い噂にすぎない。」と否定しているようだが…。

『(※ 翻訳は、Google翻訳)

最近、一部のネチズンは、中国紙幣印刷造幣局の陳八明が法と規律の重大な違反の疑いをかけられ、自発的に降伏したというニュースを報道しました。

ニュースによると、Chen Yaomingはミントのリソースを使用して2兆枚の偽造紙幣を模倣しました。これらはすべてミント印刷プロセスを使用していたため、2兆枚の偽造紙幣はどの機関でも本物の紙幣として認識されます。

2兆元の紙幣の概念は何ですか?中央銀行が発表した報告書によると、2021年11月の流通通貨(M0)は8.74兆元で、23%を占めています。

本当に2兆枚の「本物」の偽造紙幣が市場に出回っている場合、必然的に巨額のインフレにつながり、それまでに物価が上昇し、国の経済は崩壊するでしょう。

これに関連して、12月22日、中国人民銀行の通貨・金・銀局の関係者は、これは噂であり、悪い性質であると述べた。人民元の印刷と発行には厳格な作業手順と技術基準があり、中国人民銀行は法規制に従って関連する作業を行っています。当行は、うわさの拡散を厳しく非難し、公安機関に報告しました。

China Banknote Printing and Minting Corporationのウェブサイトによると、同社は中央銀行の直接の関連機関であり、RMBの設計、研究開発、印刷、サービスを完全に統合する大規模な完全国有企業です。現金のライフサイクル管理、および通貨文化産業と通貨情報研究企業の発展に取り組んでいます。

このウェブサイトはまた、世界の紙幣印刷と硬貨の分野で、中国の紙幣印刷と硬貨が最大の産業規模、最も完全な専門分野、そして最も完全な産業チェーンを持っていることを紹介しています。本社には23の大中小企業があります(1つの国立技術研究開発センター-中国紙幣研究所を含む)。北京、上海、成都、西安に分布する7つの紙幣印刷会社、3つの鋳造会社、2つの紙幣紙製造会社、3つの特殊偽造防止、特殊インク、彫刻および製版会社、および7つの市場志向企業を含みます。 Shijiazhuang、Nanchang、Guangzhou、Shenyang、Nanjing、Haikou、Shenzhen、Baoding、Kunshanおよびその他の都市。

12月8日、中央規律検査委員会の国家監督委員会のウェブサイトは、「党委員会のメンバーであり、中国紙幣印刷造幣局の局長であるChen Yaomingが主導権を握って、レビューと調査。」

公式の履歴書によると、Chen Yaomingの主な履歴書は、China Banknote Printing and MintingCorporationとその子会社にあります。

China Banknote Printing and Minting Corporationは、私の国で唯一通貨を印刷する権限を持っている機関です。通貨の印刷要件は非常に厳しいです。カラーデザインドラフトから製品までのRMBの作成には、製版、インク作成などの数十の手順が必要です。プロセス、材料の選択から紙幣の製造、輸送、保管、市場投入まで、各プロセスは厳密に管理されています。厳密な手順があり、すべてのプロセスが監視。

また、紙幣印刷工場では、カメラなどの監視装置に加え、「ハンズオンリー」「デュアルコントロール」の防空対策を採用しています。「手を数えなければならない」とは、紙幣が各作業員の手に渡り、1枚の紙幣を紛失することはないという意味です。廃棄物が入っていても、拾い上げる必要があります。次の工程へ。「二重管理」とは、紙幣の印刷工程において、商品の引き渡しや倉庫管理に2人以上が必要であり、1人で操作することはできません。

したがって、印刷プロセスでプライベート印刷を行う機会はなく、この噂のレベルは高くも深くもありません。

*注:この記事の一部の写真はインターネットからのものであり、学習とコミュニケーションのみを目的としています。商用利用はありません。侵害がある場合は、に連絡して削除してください。』