重慶市長代理に胡氏、陝西省副書記から転じる

重慶市長代理に胡氏、陝西省副書記から転じる
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGM302KE0Q1A231C2000000/

『【重慶=多部田俊輔】中国内陸部の直轄市、重慶市の市長代理に陝西省共産党委員会の副書記だった胡衡華氏(58)が就いた。1月に市長に就く見通し。市長は同市共産党委員会のトップである書記に次ぐナンバー2。党の指導に従って経済政策を中心にかじ取りする。

重慶市の人民代表大会(市議会に相当)常務委員会が30日に発表した。胡氏は湖南省出身。同省の経済政策を担う発展改革委員会の主任や省都、長沙市の党委書記を歴任し、経済分野で手腕を発揮してきた。2020年10月から陝西省の党委副書記を務め、今年12月25日に重慶市の党委副書記に転じていた。

重慶市長を務めていた唐良智氏(61)は安徽省の政治協商会議の党組織書記に転じた。唐氏は四川省成都市の党委書記などを経て、18年から市長を務めた。習氏の側近とされる重慶市トップの陳敏爾党委書記の下で重慶と成都の一体開発計画などを進めてきた。』