広東省

広東省
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BA%83%E6%9D%B1%E7%9C%81

『広東省(カントンしょう、中国語:廣東省(广东省)、中國普通話拼音:Guǎngdōng Shěng、広東語拼音:gwong2 dung1 saang2、英語: Guangdong)は、中華人民共和国南部に位置する省。隣の広西チワン族自治区と併せて「両広」と呼ばれる事もある。
目次

1 地理
2 言語
3 歴史
4 行政区分
5 経済
6 教育
7 健康・医療・衛生
8 姉妹自治体・提携自治体
    8.1 提携自治体
9 文化
10 脚注
11 外部リンク

地理

中国大陸の南に位置し、南シナ海に面している。北は福建省・江西省・湖南省と接し、西は広西チワン族自治区と接している。また南西には、かつて広東省の一部であった海南省がある。省の南に香港・マカオの両特別行政区が存在している。香港との境界には深圳経済特区を、マカオとの境界には珠海経済特区を有している。

気候は温帯夏雨気候(熱帯モンスーン気候もしくはサバナ気候から温暖湿潤気候への移行部型)で夏に高温多湿・冬に温暖少雨となる。省の北部には東西に南嶺山脈が走り、湖南省・江西省との境界をなす。主な河川は珠江とその水系(西江・北江・東江)。ほかに韓江など。

言語

広東省内では、省都の広州を始めとして、広東語が広く話されているが、東部から北部では客家語が、東部の潮州市周辺(潮州語)や中山市の一部や西南部では閩南語が話されている。省外からの移入人口が多い深圳市の市街地や珠海市の中心部では、主に普通話が話されている。省北部には韶関土話・粤北土話とよばれる方言群がある。他に、チワン語・ヤオ語・キン語などの少数民族語を使う地域がある。

歴史
「広東システム」、「広東省 (中華民国)」、および「広東省 (汪兆銘政権)」も参照

古代の百越の地で、紀元前214年に秦の始皇帝が嶺南を征服して南海県を設置し、県治を番禺(現在の広州市番禺区)に置いた。

始皇帝の没後、陳勝・呉広の乱をきっかけに中国全土が戦乱状態になると趙佗が番禺を首都とする南越国を立てて自立したが、紀元前111年に漢に併合された。

漢代には交州に所属し、三国時代の呉に大部分を広州として分割した。

唐代には広西と併せて嶺南道となった。

五代十国時代には興王府(番禺)に都をおいた南漢に属し、南漢が北宋に征服された後は広南道と改名された。

元代に広東道が成立、明代には広東布政使司が管轄、清代に広東省となった。

歴史的に見ると経済の発展は遅かったが、明代にようやく長江下流域と肩を並べる経済先進地域に発展した。

1979年の改革開放で広東省の深圳などは経済特区第一号となり、香港と近接する広東省は外資の導入で経済的に大飛躍を遂げた。

中国共産党の広東省党委書記の汪洋が行った経済改革方法は広東モデルと呼ばれた。

行政区分

広東省には21の地級市が設置されており、中でも広州市と深圳市は副省級市に指定されている。

「中華人民共和国の行政区分」を参照』

『経済
広東省の白地図
広東省の白地図
広州市
広東省の白地図

深圳、珠海の経済特区を有する広東省は省内国民総生産、外資導入額、輸出額、地方税収額で全国各省市区の首位に立ち経済的に非常に富裕な省となった。2009年の生産総額(GDP)は対前年比9.5%増の39,082億元で、引き続き全国首位を確保している[2]。貿易額も、全国首位で、長年好調に推移してきたが、2009年はリーマン・ショックで各国の経済が低迷した影響を受けて輸出額は対前年比11.5%減の2,522億米ドルとなった。

有名な企業:比亜迪汽車、華為技術、ZTE、TCL集団、美的集団、恒大集団
教育

広東省の大学一覧
 日本人学校
    広州日本人学校[3]
    深圳日本人学校[4]
    オイスカ広州日本語幼稚園[5]

健康・医療・衛生

省級病院

広東省人民医院
広東省第二人民医院
中山大学附属第三医院
南方医科大学南方医院[6]
広州医科大学附属第一医院[7]
広州市第八人民医院

姉妹自治体・提携自治体(※ 省略)』