習氏、香港選挙「成功裏に実施」と評価 行政長官と会談

習氏、香港選挙「成功裏に実施」と評価 行政長官と会談
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGM22A9C0S1A221C2000000/

『【北京=羽田野主】中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席は22日、北京市で香港政府トップの林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官と会談した。習氏は親中派一色になった香港立法会選挙の結果について「選挙が成功裏に実施され、香港人が主人公になることを体現したものだ」と高く評価した。

香港メディアが伝えた。19日投票の香港立法会選挙は親中派が99%にあたる89議席を得た。今回は習指導部が「愛国者による香港統治」を掲げて見直した新制度で初めての選挙となった。

習指導部は香港の民主化を目指す勢力の裏に「外国勢力との結託がある」(中国外務省)とみて、2020年に香港国家安全維持法を制定。選挙制度も見直して事実上、民主派を排除した。習氏の発言には香港の「中国化」に一定のめどをつけたとの自負が表れている。

香港政府の行政長官は毎年、習氏に年間報告をすることになっている。習氏は「中央政府は香港政府の活動を十分肯定している」と話した。』