ヴァレリー・ペクレス

ヴァレリー・ペクレス
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%83%AC%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%9A%E3%82%AF%E3%83%AC%E3%82%B9

『ヴァレリー・ペクレス(Valérie Pécresse、1967年7月14日 – )は、フランスの政治家。現在、イル=ド=フランス地域圏知事。ヌイイ=シュル=セーヌ出身。共和党所属。知日派としても知られる[1]。

目次

1 来歴
2 パーソナル
3 外部リンク
4 出典

来歴

父親はボロレ・テレコム(英語版)の社長を務めたドミニク・ルー(フランス語版)。HEC経営大学院(HEC School of Management)とフランス国立行政学院(ENA)を卒業後、国務院(コンセイユ・デタ)に勤務する。1998年大統領府に入り、ジャック・シラク大統領の演説原稿の起草を担当する。

2002年の下院議会選挙にイヴリーヌ県を選挙区として国民運動連合(現在の共和党)から立候補し初当選。2004年からは、イル=ド=フランス地域圏議会議員に選出されたほか、国民運動連合の報道官も担当した。2007年フランソワ・フィヨン内閣の高等教育・研究大臣として入閣し、2011年まで在任。その後、財務相(2011-2012年)に転じた。2015年よりイル=ド=フランス地域圏知事。

2021年7月、2022年4月に実施されるフランス大統領選挙の共和党候補を選ぶ党予備選への立候補を表明[2]。12月4日の決選投票で61%の票を獲得して勝利し公認候補に決まる。同党が大統領選で女性候補を擁立するのは初めて[3]。

パーソナル

日本語を学び、ソニーでインターン経験もある知日派として知られ、現在も基本的な日本語を話せる。2021年11月には日仏の相互理解に寄与したとして、日本政府より旭日中綬章が授与されることが決定した[1][4]。

二男一女の母。 』