英研究、オミクロンは「風邪の症状」

英研究、オミクロンは「風邪の症状」 全体の感染最多に
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGR16F7O0W1A211C2000000/

※ オミクロン株の場合、肺までやられる(肺炎となる)ケースは、少ないのではないか…、という報告だ。

※ しかし、まだまだ「データが少ない」し、「後遺症」の問題もあるんで、「せいぜいが、風邪程度だ!」と決めつけるのは、早計だろう…。

※ 感染者が増加すれば、免疫力の低い人は、一定の割合で「重症化」し、一定の割合で「亡くなる」…。

※ 極力、用心するに越したことはない…。

『【ロンドン=佐竹実】英国で感染が広がっている新型コロナウイルスの変異型「オミクロン型」について、鼻水や喉の痛みなど通常の風邪に似た症状が多いことが16日、首都ロンドンでの調査で分かった。英全体では同日、過去最多の約8万8千人の新規感染者を確認した。重症化率が低いとしても全体数が圧倒的に増えれば重症者や死者が増えかねないとして、政府は警戒を強めている。

ロンドンで実施された調査は、英キングス・カレッジ・ロンドンの遺伝疫学者ティム・スペクター教授が立ち上げた「ゾエCOVIDシンプトム・スタディー」。アプリで感染者が自分の症状を入力することで、流行中のウイルスの症状を把握する仕組みだ。オミクロン型で多かった症状は鼻水、頭痛、疲れ、喉の痛みなど通常の風邪と同様だった。スペクター教授は「風邪の症状がある人は家にいるべきだ。これにより流行を遅らせられる」と指摘した。

ロンドンでは感染者の7割強がオミクロン型とみられる。スペクター教授は、英国全体ではクリスマスまでにオミクロン型が支配的になり、年明けにはさらに多くの感染者が出ると予想している。

英政府は16日、新規感染者が約8万8千人だったと発表した。前日よりも約1万人増えて過去最多を更新した。オミクロン型の流行に周辺国も警戒している。フランス政府は16日、英国からの入国を18日から原則禁じると発表した。観光、ビジネス目的の渡航ができなくなる。

英国の感染者数は1月のピークを越えているが、ワクチン効果もあって入院患者は当時の5分の1以下に抑えられている。ただ感染者の母数が増えると重症者も一定数出る。医療従事者が感染することで働けなくなり、医療システムが回らなくなる懸念も出ている。

欧州連合(EU)の専門機関である欧州疾病予防管理センター(ECDC)によると16日時点で27カ国で3158人のオミクロン型を確認した。症状が分かるケースは全て無症状か軽症で、死亡は報告されていない。

新型コロナ特集ページへ
https://www.nikkei.com/theme/?dw=20012202&n_cid=DSBNHE 』

『坂田亮太郎のアバター
坂田亮太郎
日経BP 「日経バイオテク」編集長
コメントメニュー

別の視点

私がこのニュースで着目したのは「ZOE COVID Study」というアプリです。

英国政府の助成を受け、データの監修ではキングス・カレッジ・ロンドンも協力しています。英国内で既に470万人が利用しており、利用者はワクチン接種歴や感染していればその症状などをスマホのアプリを通じて入力します。こうしたプラットフォームがきちんと機能しているからこそ、急速に広まるオミクロン株の状況もリアルタイムに把握できるのでしょう。

日本のCOCOA(新型コロナウイルス接触確認アプリ)はダウンロード数が3000万を超えていますが、話題になるのはバグ情報ばかり。もっと有効に活用できないのでしょうか。

2021年12月17日 7:49 』