創世記

創世記
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%89%B5%E4%B8%96%E8%A8%98

『『創世記』(、ヘブライ語:בראשית、ギリシア語:Γένεσις)は、古代ヘブライ語によって記された、ユダヤ教、キリスト教の聖典でキリスト教の啓典である聖書(旧約聖書)の最初の書であり、正典の一つである。写本が現存しており、モーセが著述したとされている。いわゆるモーセ五書は、ユダヤ教においてはトーラーと呼ばれている。

『創世記』はヘブライ語では冒頭の言葉を取ってבראשית‎(ベレシート)と呼ばれており、これは「はじめに」を意味する。また、ギリシア語の七十人訳では、2章4節[注 1]からとってΓένεσις(ゲネシス)と呼ばれており[3]。「起源、誕生、創生、原因、開始、始まり、根源」の意である[4]。 』

『主な内容

内容は、「天地創造と原初の人類」、「イスラエルの太祖たち」、「ヨセフ物語」の大きく3つに分けることができる。

天地創造と原初の人類
    天地創造 1章
    アダムとエバ、失楽園 2章 - 3章
    カインとアベル 4章
    ノアの方舟 5章 - 11章
    バベルの塔 11章

太祖たちの物語
    アブラハムの生涯 12章 - 25章
        ソドムとゴモラの滅亡 18章 - 19章
        イサクをささげようとするアブラハム 22章
    イサクの生涯 26章 - 27章
    イスラエルと呼ばれたヤコブの生涯 27章 - 36章

ヨセフの物語
    夢見るヨセフ 37章 - 38章
    エジプトでのヨセフ 38章 - 41章
    ヨセフと兄弟たち 42章 - 45章
    その後のヨセフ 46章 - 50章

ユダヤ人の歴史の物語は、聖書で『創世記』の次に置かれている『出エジプト記』へ続いていく。 』

『ヘブライ語聖書における創世記の成立・編集について

神話風の原初史、父祖の物語、ヨセフ物語の三つの部分から成るが、これらはもともとは別の物語であり、成立過程の異なった物語を、連続する物語としても読めるように編集したものである[5]。創世記を含むモーセ五書が現在の形に編集された時期は、紀元前550年前後のバビロニア捕囚期とされる[6]。

原初史に見られる大きな特徴としては、叙述の重複として、同じことについて2度、それも違ったことが語られている箇所が多くみられることである。

このことに言及した解説では、その例として、ノアの箱舟に乗り込む命令が2回なされるところ[7]では、動物の数を種類ごとに分けて入れよという命令と、種類の区別なく入れよという命令が2回なされていることがあげられている[8][9][10]。

これは、現在の形に編集するときに、内容の似た別個の二つの話があり、それらを組み合わせてひとつの話に編集したためであるとされている[11]。

また、神の呼称にもヤハウェとエロヒム(神)の二つがあり、それらが理由もなく交替して現れてくることも、内容の似た別個の二つの話を組み合わせてひとつの話に編集したためであるとされている[12]。

ヤハウェの呼称を用いる文書については、古いものでは前10世紀に成立したと考えられている[13][注 2]。 』